川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

【会話の流れを止めてしまう人に試して欲しい、答えない会話の方法】

投稿日:

先日、ある勉強会のテーブルで一緒になった方は、経営に関する理論に詳しく、
本当に良く勉強されている印象を受けた。

ただ、とても残念だったのは、その知識を表に出しすぎたこと。

水平な立場で議論しあうはずの時間の大半は、その人の話に終始してしまい、
反論を許す隙のない雰囲気に、不快感を抱かれた方も多かったことだろう。

知っていることを話すのではなく、知っていても、はじめて聞くような顔で
相手に相槌を打てること。

理論よりも先に、人付き合いの基本として、「相手との間(ま)」を考える
スキルはとても重要なものだ。

どう話せたか、は勿論、どんな頷き方が出来たのだろうか、ということに
重きをおいて、僕たちはお客様に接するようにしている。

正論よりも共感。

サービス業の基本だと思う。

経営者は、何かしら、自分の教科書を持っている。
影響を受けた理論、人物。

それを聞き出すことが出来れば、次のフローチャートは自然と見えてくる。

だから、知っている必要があるし、
だから、知らない振りをして、聞いてみる我慢も必要。

会話のキャッチボールがうまく出来ない人は、投げられたボールを
受け止めようとしすぎているのではないだろうか。

 「休みの日には、何をしているんですか?」
 「ドライブに出掛けたり、ショッピングに行ったりします」

と答えるのは△。

ひとは、自分の聞かれたいことを聞く性質があるのだから

 「休みの日には、何をしているんですか?」
 「ゴロゴロしてますよ。**さんこそ、どんな風にお過ごしで?」

と聞き返すのが○であると言える。

相手の心を自分の心において。

同じ大きさのボールを投げ返すこと。
いつも、そういう交流の仕方を、心掛けていきたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

今夜、時価3万円の男になる。

最高級神戸牛にて、今夜はすき焼き。勿論いただきものです、有難うございます。

凄いらしい。

劇団四季のオペラ座の怪人。 楽しんできます。…の前に、食べすぎて苦しい(涙)

トヨタの見学。

ではなくて、三田アウトレットモールにやってきました。

no image

訃報 ― いつか選ばれたかったその夢は叶わずに。

うちの会社で毎月雑誌を作らさせて頂いている「川柳ふあうすと社」の泉比呂史主幹が亡くなられました。 9日は祝日ですが、葬儀に参列してくる予定です。 自分が代表になった御報告を兼ねて挨拶にお伺いしたいと考 …

行列の出来るハンバーガーショップ。

3つ食べようと思っていたけど、無理でした。 今回のイベント、近隣のバーガーショップさんとはどうやって折り合いをつけたんだろう? 気になります。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly