川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

荒了寛師と出会い、山門を下りて、謙虚になったはずの僕は。

投稿日:

荒 了寛師の書籍「生きるとはなあ」と来年のカレンダーを購入。

羅漢さんの絵説法。
眺めているだけで和まされ、そして、はっと気付かされます。

尖ってきたり、蒼いため息をこぼしてしまったり。

そんな疲れている人には、絶対のオススメ。
ふわり優しく、意識と行動の変わることを約束します。

祈るというよりも、感謝の気持ちを伝える時間。

仕事がら様々な寺社に訪れる機会も多いのですが、最近は意識して、プライベートの中で
神仏に触れることの出来る場所に出掛けるようにしています。

父を亡くした時にお経の勉強をしたのがそのきっかけだったのですが、思うように
いかないことをイライラするよりも、成し得た何かを感謝する習慣を身につけた方が
誰かに対して、従でいられるようになります。

謙虚な気持ちを、こうやって少しずつ育んでいくことが出来ればいいのですが・・・。

まだまだ、時間はかかりそうです。
帰り道、渋滞にイライラしているようじゃ、なんの意味もなくて(汗)

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

暑いですね。

汗が止まりません(毎度同じことを申します)

no image

逝ってしまっても、9つの魂は。

父と母と弟と自分と。ジュリーとあさろうた、ぷーすけとぺぺ、そしてじゅにあ。 4人と5匹。 9つの魂のうち、5つはもう、向こうの世界にいってしまった。でも、今も昔も、変わらないままの温度で繋がっている。 …

明石の昼下がり。

熱。

no image

戦いの記録 ~電車を降りたおじさんは、一番にトイレに向かったのだろうか

尿意を我慢して乗った電車で、隣のおじさんの吐きそうな雰囲気に怯えています。世の中にはいろんな感情を伝える「プルプル」という便利な言葉がありますね(助けてください) — 西端康孝 / 川柳家 …

秋は近くて遠きもの。

青く透明な空。 腰の重い太陽に対峙して、想うてみたり、憂いてみたり。 人を物思いにさせる、処暑の気節。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly