川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

残りわずかなお金で船に乗った、酒屋の漢の物語。

投稿日:

金曜日夕方、同友会の活動から社会復帰。

自称西神戸支部で一番数字の稼げる男、岩井寿商店の岩井さんの報告。

問屋-販売店という従来の形とは異なる、蔵元-酒屋-飲食店という立ち位置にいて、
ご自身の取り組みと姿勢について、熱く熱く語っていただきました。

岩井さんと出会って、酒の美味しさを知るようになり、そしてまた、酒の物語について、
興味を覚えるようになりました。ひとりひとりの喉を過ぎていくまでの間に、
様々な時間と出会いを過ごしてきているお酒。

想いを感じれば感じるほど、酒は甘くもあり、辛くもあるものなのです。

珍しく真面目に語っているので、落ち着いてきた今となっては全部嘘だったんじゃないか、
という気もしてきていますが、曰く「あのあと、全員、号泣する事件があったんや!」
とのことですので、延長戦も盛り上がった模様です。

経営って、大変ですけど。

やっぱり、面白いよなぁとも思います。
聞きながら、ますます挑戦してみたくなりました。

自分だって一生懸命、熱く語ることの出来るまで、情熱を燃やさなければなりません。

Google

Google

-同友会

執筆者:


関連記事

no image

居場所であり、理想であり ~有馬ビューホテルうららさんで同友会広報委員会の合宿

研修合宿を終えて帰宅、楽しかった。 pic.twitter.com/Ip2YaR2gGA — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年11月11日 同友会広報委員会のメンバー …

no image

管理職とリーダーシップの違い ~「俺のイエスマンになってくれ」と言った同友会のあの人は今

立場上、自分がとても言いづらいことを察してくれた方がいて、負担が減るようにと働きかけてくださっている。有り難いし、こんな風になりたいなぁと思う。イエスマンばかりでは組織として機能しないもんな。 &md …

ふあうすと川柳社で選者を務めること、同友会で報告をすること、同友会でマイクパフォーマンスをして暴れること

ふあうすと川柳社は、昭和4年に神戸に誕生した川柳結社。川柳六大家と呼ばれるうちの一人、椙元紋太によって結社された。前川企画印刷でふあうすと誌の編集と印刷を担っている関係で、同人の一人として参加するよう …

no image

ひとは自分の言葉に縛られる、言葉にしたのだから動くようになる

同友会の例会に参加。報告者は姫路でフラワーショップ花時計を営まれる嵯峨さん。前科があって、拘置所にいるときにお母さまに差し入れされた一冊の本がきっかけとなって花の世界へ進むことを決められたという。異色 …

同友会の仲間を増やす西端と知花の旅「株式会社大伸さん編」。

兵庫駅近くの株式会社大伸さんにお邪魔してきました。 印刷や包装事業などに取り組んでおられますが、 うちの会社とは比べものにならないくらい、大きな会社さんでした。 三代目の石坪さんは、去年の春に社長に就 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly