川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

残りわずかなお金で船に乗った、酒屋の漢の物語。

投稿日:

金曜日夕方、同友会の活動から社会復帰。

自称西神戸支部で一番数字の稼げる男、岩井寿商店の岩井さんの報告。

問屋-販売店という従来の形とは異なる、蔵元-酒屋-飲食店という立ち位置にいて、
ご自身の取り組みと姿勢について、熱く熱く語っていただきました。

岩井さんと出会って、酒の美味しさを知るようになり、そしてまた、酒の物語について、
興味を覚えるようになりました。ひとりひとりの喉を過ぎていくまでの間に、
様々な時間と出会いを過ごしてきているお酒。

想いを感じれば感じるほど、酒は甘くもあり、辛くもあるものなのです。

珍しく真面目に語っているので、落ち着いてきた今となっては全部嘘だったんじゃないか、
という気もしてきていますが、曰く「あのあと、全員、号泣する事件があったんや!」
とのことですので、延長戦も盛り上がった模様です。

経営って、大変ですけど。

やっぱり、面白いよなぁとも思います。
聞きながら、ますます挑戦してみたくなりました。

自分だって一生懸命、熱く語ることの出来るまで、情熱を燃やさなければなりません。

Google

Google

-同友会

執筆者:


関連記事

中小企業家同友会バンドの誕生と宇多田ヒカルさんのアルバムと

宇多田ヒカルのうた -13組の音楽家による13の解釈について-という音楽のアルバムが発表されていた。 宇多田ヒカルさんの楽曲をAI、井上陽水、大橋トリオ、岡村靖幸、加藤ミリヤ、 KIRINJI 、椎名 …

大浦ミートの大浦社長の話を聞いてきた!

同友会青年部例会、姫路での開催。 「金持ちになるために社長になる」という動機はとても不純な感じがするけれど、まんま、勢いとなって勘を研ぎ澄ます。勢いは運を呼び縁を招き寄せる。考え過ぎて何も出来なくなっ …

no image

パネルディスカッションのパネリストに人生初挑戦

企業の広報戦略とは、というテーマのパネルディスカッションにパネリストとして参加させていただいた。 「同友会のやってるパネルディスカッションって、台本通りで、あまり面白いものってなかったですよね」なんて …

理想と数字と本音と建前と

名古屋まで、同友会の打ち合わせ。 理想だけでもダメだし、現実だけでもダメ。現実という足元を固めながら理想を追いかけていく。そんな舵取りについて聞く、疑問をぶつける。 本音と建前、折り合いをつけながらみ …

同友会の仲間を増やす西端と知花の旅「JR住吉駅前Jブリエさん編」。

おーい、知花くーん。 うしろうしろ! ということで。 同友会の仲間を増やす西端と知花の旅。 今回はお菓子&パン作り教室をされているJブリエさんを訪問してまいりました。 JR住吉駅前、徒歩1分という絶好 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly