川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

この海に和む僕と、この海に死んだ彼らと。

投稿日:


深夜、ホテルの大浴場で二度目の入浴。
身体が冷めるまで、ベランダで波に耳を澄ませて。

同じ海で。

ほんの何十年か前に散っていった命がある。
それを感じたくて訪れた知覧特攻平和会館。

海の音や夜の闇の深さは、今も昔も。

彼らなら、いま。

どんなことを思うのだろうね。

笑うのかな、
それともやっぱり。

ため息なのかな。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

陶芸教室。

初挑戦。

だんご汁

食ってから地獄巡りへ。 暑すぎ。

木洩れ日はスナイパーの顔をして。

帽子のない僕を攻めてくる。 それでも、夏は、エネルギーに溢れていて、汗をかこうという目的で向かった公園は、時折優しい風を教えてくれて心地好い。古ぼけたタオルは、もうとっくに飽和量を超えている。 全力投 …

no image

溺死するなら、パンナコッタの海で。

11月の扁桃炎(5年連続)。 2月か3月にも必ず同じ症状の出続けていたけれど、今年はまだ、微熱よりも高い熱が出ていない。 ちょっとだけ丈夫になったのかな。 嬉しい傾向。 自宅リビングの真ん中あたり(床 …

no image

町の中を生きて、商売人。

経営者たるを論じる人は看板の明かりを消すのだろう。商売人の何たるを知る人は看板の明かりは絶やさないだろう。 節電の町を抜けながら、それを思った。 僕は、町を生きて商売人。考え方は色々あるのだろうが、耳 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly