川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕は誰とでも仲良くすることの出来る高校生だった。

投稿日:

久々の長距離ジョギングで、自宅(大蔵谷)と母校(明石城西高校)を往復。

途中、岩井寿商店の天使から、コーヒーを差し入れていただいた。
感謝。このコース、病み付きになる(汗)

帰宅して、筋肉痛。

「大丈夫ですか?出かけるなら、代わりに運転しましょうか?」

お隣の奥さんから、優しい一言。
情けなさすぎる自分(涙)

せっかく母校の前を通ったので、

朝練で楽器を吹いていた場所。
もう、家が建ち並ぶようになって、ここで朝、音を出すのは迷惑だと思うけど。

いつも、朝練をしている時に通りかかる小学生と遊んでいた記憶。

「あほー」
「あほ言う奴が、あほなんじゃー!」

若かったなぁ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

帰っていく飛行機雲たちの見る夢は

離着陸のストレスは大きいだろうし、安堵してくたびれて、夢なんて見ている余裕はないのかしれないけれど。 帰っていく飛行機雲たちが、夜、どんな夢を見ているのか聞いてみたい。一日の大半を空に触れて過ごした人 …

旅館到着。

風呂入って読書だ。

ミント神戸。

@三宮 震災の時見上げた空に、若者たちを吸い込んでいくビルが建ちました。街の躍動が眩しいです。

書道とフラワーアレンジメントの融合。

大阪に来ています。 書道とフラワーアレンジメントの共演。川柳でも何か出来そうな気がします。

四丁目。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly