川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

2009年を振り返って – 失ったカタチ、得たココロ。

投稿日:

さて、12月31日。

今日の夜は、関ジャニ∞のカウントダウンコンサートに行ってきます。
女の子ばかりの中に、おっさんが交じると、「え、ダフ屋?」的雰囲気爆発。

開き直って楽しんでくることが出来ればいいんですけども。

12月の終わりは、うちの会社にとっても、上半期の終わりを意味します。

上半期、前年と比較しても売上ベースで8%近い伸びを記録することが出来ました。
その他数値も軒並み上昇していますが、一つ一つの仕事は、忙しさを理由に
無駄や荒っぽさが目立ったのも事実。

数字に一喜一憂してばかりじゃだめですよね。
その中身についての評価を冷静に、客観的に出来なければ。

これは、自分自身への課題。

個人的に今年を振り返ると、どうだったんだろう。

季節性インフルと新型インフル、1年に2度、タミフルのお世話になった。
父の一周忌を終えた。
作曲・プロデュースした曲をCDにして、ステージにあがって歌った。
長野と伊勢と信楽と鹿児島に行った。

えーと。
飛行機と空港に殺される思いを体験、二度と飛行機には乗らないことに決めた。
川柳マガジンの百句繚乱コーナーには苦しめられたが、いい勉強に。

んー。
鍵庄さんの川柳コンテストで審査員をやらせてもらった。
あ、淡路島牛丼も食べてる。
明石から須磨までのジョギング&登山に成功。
大蔵谷(自宅)から西二見まで、明石横断のジョギングにも成功。

コンサートは、一青窈さん、ASKAさん、で、松山千春さんが2回。
豚しゃぶにはまりまくった。
マカロニグラタンだと思ったら、ポテトグラタンというパターンに憤りまくった。

iPhoneを買って生活が変わった。
まっすぐに気持ちを伝えたい人に出逢った。

これらが、象徴的な出来事になるのかな(blogを読み返して)

そして、そうして。

やっぱり、一番大きかったのは、愛犬あーちゃんとの別れ。
21年という時間を一緒に過ごした、家族以上の家族。

何度生まれ変わっても、一緒にいたい。
また、夢で逢いたい家族が増えた。

上の日記でも書いた通り、僕が「約束」「居場所」という言葉にこだわるのは、
あーちゃんに出逢ったから。

嘘のない瞳に、ずっと助けてきてもらいました。

去年は父を、今年はあーちゃんを亡くして、涙もろくなってしまった自分だけれど、
失う悲しさ以上に、得る、出逢う喜びを噛みしめることの出来る人間に成長できたと
考えています

この意識の飛躍は、自分の一生変わらない財産になるのではないでしょうか。

一年って、あっという間ですね。

年々、加速する時間。
今年は悔いを残さず、すべてに「YES」と手をあげることが出来たんでしょうか。

選ばなきゃ、何も始まらない。

選んだから、出逢えたものもある。

いつも、そう考えながら生きているつもりですが、取りこぼしたものもあるような、
そんな気もしています。

来年の、「公」としての「私」としての戦略は、実はもう出来ています。

あとは、それをなぞるように実現させていくだけ。
そのための努力をしていくだけ。

スタートダッシュ、そして時間貯金。

やるだけの話です。

今年、たくさんの方に助けていただきました。
毎年成長しているのならば、今年という一年に、いちばんたくさんの「ありがとう」を
伝えていなければならないはず。

もしかすると、不義理なこともあったかもしれませんが。

ケータイのメモリを眺めながら、おひとりおひとりの顔を思い出して、そして
気持ちを添えています。

来年は、今年よりもうんとたくさんの感謝を伝え、そして、笑顔の中にいられるよう、
自分自身の映り方を真剣に考えていきたいと思います。

生意気、で、きんきんとやかましいだけの人間ではありますけれど。

どうぞ、よろしくおねがいします。
そして、一緒にいい一年にしていきましょうね。

感謝、そして皆様へ来る2010年が良い一年になりますことを祈念しつつ。

パソコンからの、年内最後の更新とさせていただきます。
お付き合い、ありがとうございました。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

愛犬に見つかった悪性リンパ腫。

母からの電話、踏み込むアクセル。節々が腫れた愛犬ジュニア。夜中でも診察していただける先生のところに急ぐ。 一目で悪性リンパ腫の疑いを指摘される。詳細は病理検査にて確定。細菌性の病気の可能性もまだ排除出 …

no image

Facebookにたえて会話のなかりせば春の心はのどけからまし

Facebook。 Aさんは友だち、Bさんも友だち。だけど、AさんとBさんが「いいね」をしあったりコメントをやりあっているのを表示しないようにする設定があれば、春の心はのどけからまし。そんな設定方法は …

no image

ある日、カリスマ経営者が死んだ  ― 僕は僕たちになるために

いわゆる「カリスマ経営者」と呼ばれる方のお話を伺うことがある。 経営者として学ぶことは多いし、人間としても尊敬出来るところがたくさんあって、こんな自分に大きな刺激を与えてくれる。 一方で、そんな話を聴 …

no image

僕の目の前にいる人の時給は、いくらなのだろう。

仕事中の誰かの1時間を割くということは、その人の時給に相当するだけの何かを提供出来る自分でなくちゃいけないってことなんだよね。それを体感している人の言動や振る舞い、態度って、謙虚で美しいなぁと思う t …

W-ZERO3[es]をラジオとして使う

AMラジオのような感じで使っています。 今日はバッテリのリフレッシュを図るため、このまま再生し続ける予定。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly