川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

柿本神社の八房梅 ~開花するのに必要な寒さ体験

投稿日:2014年2月16日 更新日:

取材や撮影、書く仕事のときに助手の方がいたら助かるのになぁと思う場面がある。「没頭する環境を作っていきたいんですよね」とベテランライターさんに話すと「そう思う時期もあったけど、そう思う時期に強くなれた」という答え。嗚呼、僕はまだ弱い。ギャフン。

コンデジのPowerShot S120をジョギングや散歩のときに連れていく。スナップ程度はiPhoneで撮影すればいいと思っていても、撮るための道具をわざわざ持ち出すと意識は変わる。カタチから入ることに色々な意見もあるだろうが、それに重きを置く人のことは嫌いじゃない。

柿本神社の八房梅。

柿本神社の八房梅

梅や桜の開花には「寒さ体験」が必要で、春に満ちた色が咲くということは、幾度かの厳しさを乗り越えてきたことを意味する。のぼりつめた瞬間にだけ憧れていても、決して同じ色になることはできない。オリンピックにしてもそう、花にしてもそう。夢と目標が決まったら、越えていくものへの覚悟も必要なのだと思い知らされる。

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

動物病院の先生から、花が届いた。

「噛まれるので、あまり近付けないでください」「入院で預かりますけど、何かあっても、朝の診察時間までは連絡しませんので」「何があるかわかりませんので、とにかく同意書にはサインをお願いします」 言っている …

松山千春ー♪

『現実』『再生』二枚買いっ!

no image

近寄りがたいおっさんとして

今日は高砂で @tanebon @donpy とサムギョプサル。美味しい。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年2月23日 「香る」と「薫る」の使い分けについては、い …

価値を決めるモノサシは、どこのだれにも心の真ん中に。

フォト川柳。 背伸びをしたくなるような仕事終わりの夕暮れ。詩に表現するとどんな風になるのだろうと詠んでたもの。 twitterに掲載したところ、やたらと反応が良かったのが嬉しかったな。 同友会の設立4 …

no image

2009年を振り返って – 失ったカタチ、得たココロ。

さて、12月31日。 今日の夜は、関ジャニ∞のカウントダウンコンサートに行ってきます。女の子ばかりの中に、おっさんが交じると、「え、ダフ屋?」的雰囲気爆発。 開き直って楽しんでくることが出来ればいいん …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)