川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

柿本神社の八房梅 ~開花するのに必要な寒さ体験

投稿日:2014年2月16日 更新日:

取材や撮影、書く仕事のときに助手の方がいたら助かるのになぁと思う場面がある。「没頭する環境を作っていきたいんですよね」とベテランライターさんに話すと「そう思う時期もあったけど、そう思う時期に強くなれた」という答え。嗚呼、僕はまだ弱い。ギャフン。

コンデジのPowerShot S120をジョギングや散歩のときに連れていく。スナップ程度はiPhoneで撮影すればいいと思っていても、撮るための道具をわざわざ持ち出すと意識は変わる。カタチから入ることに色々な意見もあるだろうが、それに重きを置く人のことは嫌いじゃない。

柿本神社の八房梅。

柿本神社の八房梅

梅や桜の開花には「寒さ体験」が必要で、春に満ちた色が咲くということは、幾度かの厳しさを乗り越えてきたことを意味する。のぼりつめた瞬間にだけ憧れていても、決して同じ色になることはできない。オリンピックにしてもそう、花にしてもそう。夢と目標が決まったら、越えていくものへの覚悟も必要なのだと思い知らされる。

Google

Google

-雑記
-

執筆者:

関連記事

静岡に向かっています。

滋賀県の土山SA。 一年前、伊勢にお参りに行く時も立ち寄りました。その時は、こんな気持ちでここを訪れるだなんて夢にも思いませんでしたけど。 いろいろと思い出しながら、ゆっくりと夜中の高速道路。

no image

トレンドに敏感な、身体のパーツ。

眠れないまんま、気付いたらもう6時! 今日は昼から、NTTの工事。ようやく我が家も光に繋がることに、さて、何か生活に変化はあるのかどうか。 お寺に連絡して、3月末に一周忌のお願いなど。 去年のこの時期 …

no image

永遠の0(ゼロ) / 百田尚樹著、読了。

ワールドカップで、日本という国が一つになった時だから。 暑い夏を迎える、いま、この時だから。 たくさんの火とに読んで欲しい本だと思った、涙をこぼしながら。 海に散った、サムライたちの物語。 海から帰っ …

no image

きっと君は、とても悔しかったね。

「蒸れない手首用のサポーターはありませんか?」 蒸れないように、マメに交換することをオススメします。 「わかりました、ありがとうございます」 ― 彼の無念を、僕は戦友の顔で承知した。

明石海峡を雲が渡っている写真を撮影してきた

明石の高台から淡路島を眺める。 明石海峡はもっとも狭いところで3.6kmの距離しかないそうだ。天気の良い日は淡路島がほんの数百メートル先にあるかのように見えることもあるし、湿度が高くて天気の悪い日は全 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)