川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ゴールから逆算する、今日の歩幅。

投稿日:

東野圭吾さんの「赤い指」「容疑者xの献身」「使命と魂のリミット」、それぞれ読了。

どれも、面白すぎ。
いろんな伏線があって、それが一気に繋がった瞬間、うわぁっと声が出る。

これで、文庫になっている氏の作品は、すべて読んだことになるのだろうと思う。

 ・週末および月間トータルのジョギングの走行距離
 ・読む本の冊数

今年は、この2点の量を去年よりも増やしたい。

1日に1冊は読みたいけれど、2010年になって今のところ50冊くらい。
インプットが増えると、心が豊かになっていく感覚を覚える。

知識や感性の引き出しは、多くあるに越したことがない。

今年は有言実行。
そして、定量的な成果の出せるよう、ゴールからの引き算を意識。

大阪へ。

朝のJRはダイヤが乱れていて、大幅な遅れ。
イライラの車内に、「電車のトラブルで遅れそうです」とケータイに話す声。
そしてまた、イライラは募る。

いっそ、車掌さんの車内アナウンスで、こういった状況では車内でのケータイ使用を
一定時間を区切って許容する放送をしてみてはどうだろう? 

集団のイライラを最小限に食い止める効果的な手法は、何かあるだろうか。

抑え込むことも一手。
また、拡散させることも一手かもしれぬなど、色々な想像をしながら過ごした。

立ちっぱなし。
腰と背中の痛みだけは、どうしようもない。

明日(木曜)も、飲み。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

川柳マガジンと、オリンピックメダリストと。

川柳マガジンを発刊されている新葉館出版さんにお邪魔してきました。 今度は朝から来て、夜まで引き籠もらせて貰おうと思うほどの川柳本の数々。こそっと持って帰ろうかと思いましたが、魅力的な本が多すぎて、鞄の …

焼酎と焼鳥。

体調も回復傾向。 毎日飲んでるなぁ…。

no image

メダルの色にこだわらない、そんな向上心ならば。

家庭教師をしていた学生時代。 引き受けた以上は、合格を約束する。学校の先生の話は、今日からもう、聞く必要がないことを伝える。 ― 昨日までの自分に縛られる必要はない。今日から得る知識だけで必ず合格出来 …

自信と謙虚の紙一重

知識も理屈も何もない時代に、夜は必ず明けると言い切った誰かの勇気は如何ほどのものであっただろう。「かならず」を声にした瞬間、いつもなら朝の白さが広がり始める方向に、どれだけの不安と祈りを向けたのだろう …

花火。

幼なじみと、何年ぶりかの。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly