川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ゴールから逆算する、今日の歩幅。

投稿日:

東野圭吾さんの「赤い指」「容疑者xの献身」「使命と魂のリミット」、それぞれ読了。

どれも、面白すぎ。
いろんな伏線があって、それが一気に繋がった瞬間、うわぁっと声が出る。

これで、文庫になっている氏の作品は、すべて読んだことになるのだろうと思う。

 ・週末および月間トータルのジョギングの走行距離
 ・読む本の冊数

今年は、この2点の量を去年よりも増やしたい。

1日に1冊は読みたいけれど、2010年になって今のところ50冊くらい。
インプットが増えると、心が豊かになっていく感覚を覚える。

知識や感性の引き出しは、多くあるに越したことがない。

今年は有言実行。
そして、定量的な成果の出せるよう、ゴールからの引き算を意識。

大阪へ。

朝のJRはダイヤが乱れていて、大幅な遅れ。
イライラの車内に、「電車のトラブルで遅れそうです」とケータイに話す声。
そしてまた、イライラは募る。

いっそ、車掌さんの車内アナウンスで、こういった状況では車内でのケータイ使用を
一定時間を区切って許容する放送をしてみてはどうだろう? 

集団のイライラを最小限に食い止める効果的な手法は、何かあるだろうか。

抑え込むことも一手。
また、拡散させることも一手かもしれぬなど、色々な想像をしながら過ごした。

立ちっぱなし。
腰と背中の痛みだけは、どうしようもない。

明日(木曜)も、飲み。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

10人分の蕎麦じゃ足らない。

三田は永沢寺、そば道場でそば打ち体験をしてきました。 ちょうど新そばが出回り始めたころで、タイミングとしては一番良かったそうです。粉にまみれながら、一生懸命こねたり切ったりしてきました。 うまかったー …

no image

憧れの人に出会えて、元気。

ふあうすと川柳大会では、1句、入選。 誰の記憶にも懐かしい、そんな想いを込めて作った句。選者の方にそれが通じて、選んで貰える瞬間が、句会の醍醐味。 また、言葉を添えたものを、この場所でも聞いていただけ …

3年が過ぎても、いつもと同じように頼んでいる。

「少しでも体力の残っているうちに、会社を清算する方法を教えてほしい」 こういう相談は初めてだった。 震災は、身体に心に傷を残す。そして、今度は見慣れた景色や存在にも、様々な 影響を及ぼし始めている。 …

山陽電車。

気分転換に私鉄で通勤。

no image

大人になったんだなぁと思う。

「今年って、昭和でいえば何年だっけ?」 利用頻度でいえば、子どもの頃の「いつ?何時何分?地球が何周回った?」と同じくらいなんじゃないか。 大人になったんだなぁと思う。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly