川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

あの日の葬の列も、桜のトンネルを潜っていったんだ。

投稿日:

土曜日、日曜日と夕日ヶ浦温泉海花亭へ。

カニをいただきながら、温泉で疲れを癒す。
周辺に有名な観光スポットがないことで、あれもこれもと欲張ることなく、かえって
のんびりとした時間を過ごすことが出来た。

この宿には二回目の宿泊。多分これからも、疲れたら、足を運ぶことになるだろうな。

東野圭吾さんの「虹を操る少年」を読了。

宿をチェックアウトして、西国三十三カ所巡礼の続き。

【第二十八番成相寺】

【第二十九番松尾寺】

舞鶴の山を登る頃には、雹(ひょう)の降り出す寒さに。
松尾寺前の茶店には、たくさんのストーブと火鉢が用意されていた。

静かに流れる時間に身を置きながら、2つの朱印をいただくことができた。

連休三日目、月曜日。
お昼にそばを食べて、夕方から贅沢に昼寝。

晩に中村航さんの「100回泣くこと」を読了。

読み終えてすぐにtwitterに書いたのは、こんなこと。

生きる、死ぬ、想う、祈る。
どんな風に今この時間の僕の存在は、誰かに影響を与え、紡いでいかれるのでしょうか。
色々考えました、そして、涙をこぼしました。

身近な人の死、そしてまた、動物の死に関することに、やっぱり敏感な自分がいる。

父の命日は4月2日。
少し早めの今週24日に、三周忌を行うことになった。

区切り、に、なるのかな。

この時期の温度は、病院に通った頃を思い出させて、ふと、一人言をこぼしがちだけれど。

神戸、桜の開花宣言。

あの日の葬の列も、桜のトンネルを潜っていったんだ。
忘れられない色と涙だよなぁ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

もうすぐ三十路ゆえに。

こんな本を読んでみる今日この頃です。

no image

誰か一緒に悲しんでください。

今日は、ふあうすと川柳大会。 1年に1度の大きな大会で、今日の課題のために、数ヶ月前から作句に取り組んできた。仕事を忘れて、悲しみを置いて、雰囲気を純粋に楽しんでこよう。 1年前は、全部没だった。 今 …

no image

痛めたのは胸じゃないんだ。

季節性インフルエンザ、新型インフルエンザ、ノロウイルス。 流行を追いかけ続ける男の最終章(になるといいな)。ただいま、胃腸炎で苦しんでいます。毎年恒例の扁桃炎ほどの高熱になるわけではないですが、とにか …

帰っていく飛行機雲たちの見る夢は

離着陸のストレスは大きいだろうし、安堵してくたびれて、夢なんて見ている余裕はないのかしれないけれど。 帰っていく飛行機雲たちが、夜、どんな夢を見ているのか聞いてみたい。一日の大半を空に触れて過ごした人 …

さよならvodafone。

すでに大阪ではSoftBankショップが登場。 遠くから見たら、新手の(少し怪しめな)絵画店のようです。なんだかなぁ…。 904SHユーザーの嘆き。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly