川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

祈り方もわからなくなる、揺れる吊り橋のような。

投稿日:

電話が鳴るたび、緊張が身体を貫きます。

手の施しようがなく、最期を静かに見届けようという医者からの話。
でも本人は、多少の息苦しさとしんどさはあるものの、意識はあって、ちゃんと
呼びかけに反応しているのです。

祈り方さえもわからなくなる、そんな苦しい状況です。

弟も、静岡へ。
今年、自分が結婚することを、ちゃんと伝えることが出来たそうです。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

今年の秋のドラフト目指して。

もう、夏のような大蔵海岸。夢は目標と言い換えて走るのみであります。 なんなら今夜の巨人戦のスタメンもOK。

明石川の夕暮れ。

すっかり秋。気持ちいい。

no image

発表を終えて飲むお酒は宇宙の底へ。

@勉強会 今日は、自分が発表する機会をいただいた。 ブログを通じて表現する自社らしさ、自分らしさ、自分たちらしさ。言葉にするということは、内に対しても外に対しても、責任と覚悟を背負わなければならない。 …

日本酒呑語会に参加、飲んで語って笑って食べて。

桶下さんプロデュースの日本酒呑語会に参加。 経営者の方々が持ち寄った、貴重な日本酒の数々を美味しくたくさんいただきました。 お酒の入った温度だから許される、そんな会話や相手との距離感というのがあって、 …

コンサート終わり。

良かったです、とても。 響くと、思い出しちゃいますね。 温かくなったり、寂しくもなったり。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly