川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

きみを想うのは、僕ひとりではなかった。

投稿日:


主人の帰りを待つ茶トラ。

山から降りてくるタヌキたちにもエサをあげているんだそうです。

みんな、みんな、祈りながら待っています。
それぞれの場所で、当たり前の顔で。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

魚にもある寝起き、うちのコリドラス。

真っ暗な部屋に帰宅。明かりをつけた直後の水槽では、まだ魚たちも寝ぼけ顔。 こんな風に全身の体色が薄くなっています。 しばらくしてエサをあげると、元気にパクついてきて。 そうしてしばし、僕は一日の疲れを …

千春コンサート。

楽しんできます。

明石で1番美味しい玉子焼き(明石焼き)のお店。

材木町にある『ふなまち』。 地元の人間でも知らない人が多い。美味しいけど、店は汚く店員の言葉遣いも乱暴。

星形のピノとウォシュレットから見える分母の世界

「星の形をしたピノによく出合えるんだよね」と語れば「なんぼほどピノばかり食べてるんですか」と言われるし、「今日は何処のトイレに行ってもウォシュレットじゃなかった」と愚痴れば「一日に何度用を足してるんで …

no image

遠くを誓おう。

上澄みの純度の高い気持ちだから、言葉を選ぶ。 伝えたい想いの幾つもあるわけではなく、飾り気を削いで向かう場面。始まりの時間、続く空間、膨らませるイメージは彩のある海にも似て。 言葉の仕事は、飾るのでは …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly