川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

らしく、あかるく、あたたかく。

投稿日:

連休の最終日に葬儀、深夜に明石に戻ってきました。

静岡にいる間はほとんど寝ていないので、さすがに疲れました。
しばらく目眩と熱が続きましたが、土曜日になって落ち着いてきた模様。

いろんな人に気遣っていただいたこと、ほんとに感謝しています。

通夜、葬儀用に、それぞれ施主のする挨拶を2つ、作文しました。
また、葬儀では別れの挨拶を皆さんの前で。

遠い親戚としてではなく、身内の距離で見送ってあげたかったのです。
自分のことばを添えられて、本当に良かった。


猫をこよなく愛したので、人形を飾ってあげたり。


クリスマスに明石で過ごしてくれたときの写真を飾ったり。

こういうディスプレイは弟が得意とするところ。

「らしい」見送り方、それぞれに。

心をたくさん込めた時間でした。

亡くなった日の空は、とても優しい色をしていました。

今はただ、下を向いてばかりいて不安にさせるのではなく、
元気に頑張っている顔で見上げて、安らいでほしいと願っています。

それが、できること。 それが、しなくちゃいけないこと。

「約束」を思い出せば、泣いてばかりもいられないですから。

もう、大丈夫。

教えてくれたことを胸に、がんばりますよ。
手をあてれば、いつもここは、とても温かいのです。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

レガッタ。

沈没の予感。

明石子午線どんとこいおどり。

『ときめいてひとおどり』だ、そうです。

no image

小さな複数形がもっと大きくなるために。

@病院 父は、回復のステージをさらに一段上がった。 固形の食事、車椅子でトイレ。積極的に身体を使おうとしている。 ピースサインをさせて、それを母と弟に写メール。 「3度目の正直というから、次に同じよう …

山陽電車大蔵谷駅、今日の景色と流れる空気と。

先日、ブロガー名刺をお申し込みいただいたネロさん。 よくよくお話を聞いてみると、かつて、明石にお住まいだったことがあるとか。 で、しかも、それが、今自分の住んでいる山陽電車大蔵谷駅周辺だったそうです。 …

川柳とZaurus(SL-C3000)と。

川柳を書くときの組み合わせ。 川柳誌を見て、適当な誌上大会などがあれば、詳細をザウルスにテキストで書き写していきます。 時間のあるときや、「作文」な気分になっているときにそれらを眺めては作句に取り組み …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly