川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

また、君に逢えたね。

投稿日:

あ、

IMG_0197

いちご、はっけーん。
水さえやらず完全放置ですが、ものすごい生命力。いつの間にか庭全体に広がって、
実を付けてくれるようになりました。

IMG_0199 

収穫祭はまだまだ続きそうな気配。楽しみ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

明石妙見社 – ストレスを吐き出すことの出来る場所。

ツツジで有名な明石の妙見社。 石田三成に仕えた軍師、島左近が尊像されている。明石の柳人として有名な助川助六さんの「どの鯛も明石で獲れた貌をする」の句碑があるのもこの境内で、明石の観光コース「時の道」沿 …

no image

一生懸命に準備をして思い切り喜んだり悔しがったりすることを心は求めたがっている

今日が本番の楽譜を書き換えたり、お客さんにメールを送ったり、コピーを書いたり、経理仕事をしたり、電話をしたり、入札中のオークションが落札できたらいいなーと眺めてみたり。 脳みそのあっちこっちに光が灯っ …

no image

心をさらして、軽くなる。

高校の吹奏楽部でお世話になったよん先輩にお時間を頂きました。 blog以前からの日記もずっと読んでいただいているので、良くも悪くも自分のことを良く理解してくださっています。 夢中になって、いろんなこと …

no image

経験を価値にするためには、仮説を立てるのが重要なこと

蒔くだけではなく、育てる。 その意図を持って動かなければ、べつの風にさらわれて、遠い景色になってしまう。 花は咲いて、咲かせてこそ。 吉報。春の報せだ。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 ( …

no image

今日はファミマのねーちゃんが。

やってこない。腹ペコなのに。 飛び込みでやってきたセールスの男の子としばし歓談。いや歓談て。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly