川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

近寄りがたいおっさんとして

投稿日:2017年2月23日 更新日:

「香る」と「薫る」の使い分けについては、いつかコトバノに書こうと思っている。一般的な匂いは「香る」で比ゆ的に使われるのが「薫る」。たとえば「春の薫りがする」と書けば、実体のない春の匂いを表現しているということなのである。

サムギョプサルはとても美味しくて、心もおなかも満たされた。その翌日、僕は「近寄りがたいおっさん」として薫り続けた。いや、臭い続けた。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

PET検診、がんの85%見落とし…がんセンター調査

ちょっと気になるニュースですね。 ただ、検査の結果がすべてではないし、すでに癌がわかっている場合は、いかに本人の体調が良好であるか、ということが大切だと思います。 「レントゲン」や「結果」ばかりを追い …

no image

いつもどおり、当たり前の。

あーちゃんは落ち着いていて、いつもと同じような過ごし方。 もう、歩けないのかな、というほど弱っていた足腰も、今はすっかり快復したようでちょこちょこと、歩き回っている。 ご飯もたくさんたべて、水もたくさ …

でも、だけども。

赤ぷりん、食わねば。

no image

夏とアイスと正露丸。

暑い夏。 汗をだらだらと流し。アイスで身体を冷やし。牛乳で腹を下し。 最後に正露丸でしめくくる。 こういう夏のすごし方が、漢だなぁと我ながら思います。

no image

薬の副作用2477症例、HP公開始まる

ゲフィチニブ(イレッサ)の副作用情報が一番多いそうです。尚、31日15時現在、アクセスを試みましたが、まだサーバの反応が遅いので内容までは確認していません。 参考までに。 ===薬の副作用2477症例 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)