川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「プレミアムフライデー」が始まる。

投稿日:2017年2月24日 更新日:

仕事を早く終えてもらって、その分、遊興費としてお金を使ってもらいたい、回してもらいたいという施策。趣旨を考えれば、お金に余裕のある人たちが早く職場を出られるようになればいいということだろう。単純に、多くの人の労働時間を減らそうという目的ではない。

本当にこの施策でお金が回るのならばそれはそれで良い。ただ、この施策が、大半の人の犠牲(奉仕?)の上に成り立つものであるならば、その時間的メリットを得られる人には「お金を使ってもらう」という当初の目的を何が何でも達成してもらわなければならない。家に帰らず、お金を使ってもらうためにはどうすれば良いか。

・当日は早く家に帰っても自宅のドアが開かないようにする
・自宅方面に向かう定期券は早い時間帯は使えないものとする
・遊興費として使った領収書がなければ基礎控除を減額する

こんなシステムを作れば、システムの開発費にもお金がまわって面白いんじゃないかと思ったが、考えているだけで馬鹿馬鹿しくなってきた。プレミアムフライデー。差別を助長するようなこんな制度、本当に必要なんだろうか。

「へぇ、お前のおとーちゃんとこ、プレミアムじゃないんだ」

子どもたちがお互いの親のことについて会話をしあう。「差」を「上下」だと思って、差別の芽を育む。そんな風にならなければ良いのだけれど。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

見えないから恐怖、言語化をする重要性

奥歯の治療が終わる、実に二か月。 僕はこれまでの人生でずっと「世の中で歯医者さんが一番怖い」と伝え続けてきたのだけれど、今の先生に出会ってからは定期的に通えるようになった。何を聞いても分かりやすい言葉 …

no image

夏はすこしだけ鋭利に始まった。

七日ごとの集まり。 形ばかりのお経、気持ちの問題だよ。話題にのぼる父の思い出は、昨日の温度を添えて繰り返される。 真夜中の墓苑巡り。4ヶ所ほどを回って、母に、強く、あるところを主張した。 「明石駅のホ …

no image

知識も大事、ただ、知識よりは物語が大切

溺れている人は助かろうと手足をばたばたさせる。それが一生懸命であるということ、本気であるということ。その必死さに周囲は手を差し伸べるのであって、悠々と水面に浮かぶ人間に救いの手が伸びるわけもない。人に …

no image

労働基準法の中に見る、コトバのトリック – 心理学で結果を。

「労働基準法では8時間以下の労働の場合、休憩時間は45分でいいことになっていて、例えば日本の会社で良く見られる9時-18時勤務の場合、昼休みは1時間も与える必要はないのです」 という話をすると、 「う …

no image

I am not superstitious.

人に左右されたくはない。 運を招くために必要なのは、目標に対してどれだけ仮説を描いたか、仮説に沿った行動を徹底してきたかであって、運を与えられようとは思わない。 己の足元を見つめて、ただ歩みを進めるば …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)