川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 業務日記

管理職とリーダーシップの違い ~「俺のイエスマンになってくれ」と言った同友会のあの人は今

投稿日:2017年2月26日 更新日:

大阪や神戸、あちこちの集まりに参加しては組織を見てきた。独裁的な人もいれば、すべての意見を集めようとしては拾いきれずにチームをつぶしてしまう人もいた。リーダーと呼ばれる立場の人にも色々いて、素直に参考にしたいと思うこともあれば、これは反面教師だな、と思うこともたくさんあった。

雰囲気が良いと思うチームには、ちゃんとNoを言う人がいるのだなと気が付けるようになった。賢いリーダーになると、あえてNoと言いやすい仮説をぶつけてくる人もいる。教えるのではなくて、気付かせるように仕向ける。そうやって発言の機会を与えながら、立ち位置と責任、役割について自覚をさせていくのである。これを意識して出来るリーダーのところには、ついていこう、盛り立てていこうとする空気が生まれる。管理職とリーダーシップの違いは、こういうところなんだろうと思う。

僕が同友会に入ってまもないころ、事務所にやってきて、「俺をリーダーとして立ててほしい。俺の言うことになんでもYesと言ってほしい」と頼み込んできた人がいた。彼は「自分の意見にイエスで追従してくれる人を作ることが組織運営で大事だと学んだんだ」と語っていたが、それはけっして「イエスマンになってくれ」という意味ではなかったはずだ。彼の事務所を訪れると、いつも社員さんたちの雰囲気が悪かったことを思い出す。ほどなくして、彼は同友会から消えていった。今なお、僕にはこの事件が大きな反面教師となって生き続けている。

Google

Google

-同友会, 業務日記

執筆者:

関連記事

息遣いが伝わるだけで、世の中は僕たちに近くなる

12月29日、年内最終営業日。 大掃除をしたり、来年やるべきことを書きだしてみたり。 100点を目指しても走り出さなければ0点なわけで。だったら60点の自分を許容しよう。60点の自分たちを見てもらえる …

3つのブログを更新し続けることによって中小企業の社長が得た3つのメリット

何かを発信しようとしても、ほとんどの人は細部までは読んではいない。 それでも、何かを発信し続けようとする継続の姿勢は「頑張ってるよね」という評価を得ることができる。ニュースレターやメルマガ、そしてブロ …

高田純次さんに憧れる僕の「売るのではなく、選ばれる」生存戦略

とても頭の良いお客さんがいて、どんな会話でも気の利いた返事をしてくれる。頭の回転が速すぎて、早死にしてしまうのではないかと心配になるくらいに。こんな風になりたいと思って、僕はいつも高田純次さんの動画を …

no image

自分に投資することを給与の自己査定ポイントにしている、のだけれど

今以上の結果を求めて新しいことに取り組むというのは、これまでの型を崩すということでもあって勇気が必要。たとえば通い慣れた床屋さんを変えること、たとえばパンナコッタ以外のデザートを選ぶこと、たとえばやっ …

no image

卑怯の影を見ているような気もする ~郷に入っては郷に従えの「郷」はどこまで

郷に入っては郷に従え ―― その郷とはどこからどこまでのことを言うのか。また、郷の中にいる人たちは「停滞感に新しい風を吹かせてほしい」とも言う。このあたりの考え方はとても難しい。真に受けて失敗してしま …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)