川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

許容することの出来る、器。

投稿日:

入梅。
カレンダーを読むことの出来る紫陽花たちは不思議。

夏至も間近、そして、本格的な夏もすぐですね。

IMG_0911

商売の話をしていると、「アナログが大事、デジタルはあかん」という流れになってくることがよくあります。

人と繋がる形が変化しても、その根底に流れるものはきっと同じ。
ホームだろうが、アウェーだろうが、自分のスイングにブレがなければ、打球は前に飛ぶのです。

(まぁいいか)

それを信念とされている方とディベートをしてまで、自分の信念を押し通したいとは思いませんし、
そのあたりは適当に合わせるのですが。

概念を否定してしまうのではなく、「自分には難しくて」と言うことが出来れば、結果的に、その人の
器の大きさを示すことが出来るのではないかと思います。

ひとつの話をしている中でも、違う角度から眺めたり、俯瞰してみたり。

「許容」出来ることって、素晴らしいことですよね。

サービス業であるという自覚には、頑固でありたい。

でも、時代の変化とひとの話には、柔軟ありたいな、と。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

終電の出たあとの三宮駅。

下りにはぎりぎり間に合いました。

日帰りで倉敷へ。

行ってきます。 とりあえず、「食わねば」。

神戸港。

真夏の納品、潮風につかの間の。

no image

仕事の山からもらう、ことばのエネルギー。

夜中の1時近くまで、いろんな人からメールや電話のあった一日でした(笑) 月末のコンサートに備えて、少しずつ耳を一青窈さんモードへ。その後は、また、松山千春さんの海に浸かって、春のコンサートに臨むことに …

マグカップ完成。

先月作ったものが焼き上がりました。悲しいくらい文字が出ていません(涙)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly