川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

川柳マガジンで達成した、おめでとうな自分。

投稿日:

川柳マガジン8月号が届きました。

笑いのある川柳「聴診器から肝臓が逃げている」が特選二で入選。
新鋭柳壇「減速」というお題で「からっぽになろうか 大の字の空で」が特選。

IMG_1360

 IMG_1361

特選っていうことは、金メダルってことですよー。

これは嬉しい。
めちゃくちゃ嬉しい。

今までにも何度か特選で選んでいただいたことはありますが、
同じ号で二句が特選に選ばれたことはなかったかも。

大きめの活字で幸せモードです(^^)

毎月やってくる締切の直前は、ほんとに苦しくて仕方ないのですが、
結果が伴って、報われるというものです。

また、こうして、言葉の神様にご褒美がもらえるように。

継続、していかないといけませんね。
ちゃんとちゃんと、ずっとずっと。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】北風の壁になれない微力たち

東北に吹く風の冷たさを想う、何も出来ない無力を憂う、何かしたがる心が集う、気持ちは温度になって現れるのだと願う。 出来ることを問われ続けた時間だった。出来ることを考え続けなければいけないこれからになっ …

no image

【川柳】封書待つ蕾を愛でる顔をして   ばた

合格の嬉しい便りは封筒で届く。 この春、新しい道を歩みだす、輝かしい人たちへ。 どうか、素晴らしい人生を。そして、その封書を、優しい顔をして、辛抱強く待ち続けた人のために。 一生懸命、応え続けてあげて …

【川柳】鉄筋の妻で私は立っている   ばた

兄弟でさえ出来ない喧嘩も。親子でさえ持ち得ない温度も。 夫婦には色々あり、おとこは、強い顔をしてみせながら。 判断を委ねて、安心をし、悔しがったりもする。 つまり、母になる強さに、おとこはどうしたって …

no image

【川柳】子の憂い聞いてやるのも聞かぬのも   ばた

何も聞かずにそっとしていてくれた。 夜明けまで、ずっと聞いていてくれた。 一生懸命だった、想いの数々を。いつも、包んでいてくれましたね。 ありがとう、絶妙なまでの、温もりと、その。 ===   【掲載 …

no image

【川柳】初七日の後 骨壷と丸い背と   ばた

「これまで」の区切りがついて。 ふと、「これから」の風が流れた。 桜の校門胸に抱いた希望のような どんな明るい未来を抱くというのだろう。 何も語らず、何も聞こえず。 ふと、「これから」の風を思った時間 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly