川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

川柳マガジンで達成した、おめでとうな自分。

投稿日:

川柳マガジン8月号が届きました。

笑いのある川柳「聴診器から肝臓が逃げている」が特選二で入選。
新鋭柳壇「減速」というお題で「からっぽになろうか 大の字の空で」が特選。

IMG_1360

 IMG_1361

特選っていうことは、金メダルってことですよー。

これは嬉しい。
めちゃくちゃ嬉しい。

今までにも何度か特選で選んでいただいたことはありますが、
同じ号で二句が特選に選ばれたことはなかったかも。

大きめの活字で幸せモードです(^^)

毎月やってくる締切の直前は、ほんとに苦しくて仕方ないのですが、
結果が伴って、報われるというものです。

また、こうして、言葉の神様にご褒美がもらえるように。

継続、していかないといけませんね。
ちゃんとちゃんと、ずっとずっと。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】蝉の空ぐるり輪を描く赤とんぼ   ばた

出勤の朝。 小さい秋、見つけました。

no image

【川柳】あくせくと生きてどうする聴診器  ばた

心臓は正直だ、休め休め。鼓動はのんびりを求めてる、休め休め。 強がりも見栄っ張りも、自分に嘘はつけない、休め休め。 最後の最後、ほんとのほんと。聞いてやれるのは、誰よりも、ただ、自分だけ。 だから、と …

no image

【川柳】「幸せか」 君は笑うね 「まあだだよ」   ばた

そして、僕は。 もう少し、高いところにハードルを意識して、なんだか無性に、頑張ってみようと思うのであった。 それがいつか、確信に変わるときまで。 ===   【掲載】「幸せか」 君は笑うね 「まあだだ …

寂しくて泣いたし、嬉しくて泣いたし ― 父の子で、母の子で。

康孝の孝 父の名と母の詩と こんな句を作って、blogに掲載したのは、父が亡くなって半年が経った去年の秋。 大会で選ばれたわけでも、誰かに認められたわけでもない。でも、今までに自分が2000句以上もの …

no image

【川柳】神風の予報 祖国の生産者   ばた

砕け散るための魂を産み落としてしまった、そんな昭和の後悔。 今は、平成という時代にいて。 もう、そんなはずはないという、確かな自信がなんだか、少し揺らぎ始めていて、 海に、空に、祈るのは。 いつの時代 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly