川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

川柳マガジンで達成した、おめでとうな自分。

投稿日:

川柳マガジン8月号が届きました。

笑いのある川柳「聴診器から肝臓が逃げている」が特選二で入選。
新鋭柳壇「減速」というお題で「からっぽになろうか 大の字の空で」が特選。

IMG_1360

 IMG_1361

特選っていうことは、金メダルってことですよー。

これは嬉しい。
めちゃくちゃ嬉しい。

今までにも何度か特選で選んでいただいたことはありますが、
同じ号で二句が特選に選ばれたことはなかったかも。

大きめの活字で幸せモードです(^^)

毎月やってくる締切の直前は、ほんとに苦しくて仕方ないのですが、
結果が伴って、報われるというものです。

また、こうして、言葉の神様にご褒美がもらえるように。

継続、していかないといけませんね。
ちゃんとちゃんと、ずっとずっと。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】抜かれても口笛を吹く僕の道  ばた

急ぐ長い針へと、辿り歩く短かな針。約束の場所は動くことなく、その場所で、声は重なる。 ゆっくりも、あくせくも、辿り着いたら同じ景色。 奴の背中は見送って。得意の口笛、風に聞かせて。 行こう、見よう、焦 …

no image

【川柳】鬼は外 鍋より円く温かな   ばた

鍋の形が円形であることには、きっと、 「効率」なんてもの以上に、何かを象徴する意味があるのだと信じてみたい、白い季節。 平和であれ、温かくあれ。 ===   【掲載】鬼は外 鍋より円く温かな      …

no image

【川柳】梅薫るから 言い訳の出来ぬ羽根

 3月には「そろそろ」という言葉が似合うような気がする。新年の誓いから遠くなりつつあっても、今ならまだ間に合うのではないか。何が出来ていなくて、どう、走り出すか。そんなことを考え直してみたり▼制服の採 …

no image

【川柳】ポケットの昨日を消した衣替え

蛍の好きな甘い水がどんなものか調べていると、実は成虫になってからは夜露を飲むばかりで、幼虫時代に蓄えた養分だけで生きているのだということを知る。故に短い成虫期。光のためにすべてを生きている、さて、その …

【フォト川柳】あした、晴れたら何をしよう。

  今日をお疲れ様。 明日も晴れるかな。 明日も晴れると、いいですね。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly