川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

川柳マガジンで達成した、おめでとうな自分。

投稿日:

川柳マガジン8月号が届きました。

笑いのある川柳「聴診器から肝臓が逃げている」が特選二で入選。
新鋭柳壇「減速」というお題で「からっぽになろうか 大の字の空で」が特選。

IMG_1360

 IMG_1361

特選っていうことは、金メダルってことですよー。

これは嬉しい。
めちゃくちゃ嬉しい。

今までにも何度か特選で選んでいただいたことはありますが、
同じ号で二句が特選に選ばれたことはなかったかも。

大きめの活字で幸せモードです(^^)

毎月やってくる締切の直前は、ほんとに苦しくて仕方ないのですが、
結果が伴って、報われるというものです。

また、こうして、言葉の神様にご褒美がもらえるように。

継続、していかないといけませんね。
ちゃんとちゃんと、ずっとずっと。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】曇らないバッジ雲っていく未来   ばた

緑はそよぐ 朝風に 希望の船出 呼び交わす 明るい瞳 清い眉 おゝ 明石 明石 古い誇り 若い力 未来の空は 晴れている 僕らの卒業した、明石小学校の校歌。 なんだ嘘つき、未来は全然輝くつもりがないじ …

no image

【川柳】わからないことがわかって青になる   ばた

足踏み、ため息、足踏み、ため息。 こぼして、吐き出して、涙して。どん底から、ようやく見えてきた、空は青。 頑張らないでいい、空っぽになるまで、泣いてみることも、また。 ===   【準佳作】わからない …

【川柳】震災の夜 神様のような湯気   ばた

一瞬が全てを裂いた。 冷たい朝だったことを覚えている。 雪は、廃墟に立ちつくすひとたちを刺しながら舞った。 訪れてくれた友たちと、温度を求めて街を彷徨った。 元町にある父と母の店は、燃えているのだろう …

no image

明石海苔の鍵庄、第10回お弁当&川柳コンテスト結果発表

特別審査員を務めた明石海苔の鍵庄さんで、第10回お弁当&川柳コンテスト結果発表が行われた。 お弁当&川柳コンテスト 第10回結果発表 « 鍵庄(かぎしょう) - ご贈答にぴったり!こだわりの一番摘み明 …

no image

【川柳】年金の夢を見ている青畳   ばた

掲載:月刊川柳マガジン12月号 あすとろ柳壇(雑詠) 今月も選んでいただきました。自分の句が活字になるというのは嬉しいものですね。 選ばれるために書くわけではありませんが、励みになります。 2005年 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly