川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

【フォト川柳】色の降る日は すぐそばのかくれんぼ

投稿日:

ジョギングの空に見つけた。

色づく日を待っている景色。
秋の絵の具は、きっと近くでかくれんぼ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

神戸ハーバーランド。

電飾された並木。 余談ですが、いま、『並木』という川柳の課題で苦しんでいます。

大蔵海岸の数字の秘密。

「109」の店名の由来は、「東急(とうきゅう)」の読みを数字にあてたもの。また「営業時間が午前10時から午後9時まで」という意味も盛り込まれているんだそうですね。 ところで明石の大蔵海岸。 バーベキュ …

本を声に出して読むということ、朗読のススメ ~好きな本屋が京都にある

すぐれた人の書いた文章は、それを黙読翫味するばかりでなく、ときには心ゆくばかり声をあげて読んでみたい。われわれはあまりに黙読になれすぎた。文章を音読することは、愛なくてはかなわぬことだ。島崎藤村 &m …

no image

「話があるんだけど」「怒られることですか?」「違うから」「でも」

月末のきりきりとした音から遠いところに馳せる。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016, 1月 24 胃の底に鈍い音がし始めて月末。何年も繰り返してきて、何年も繰り返して …

渋谷ではたらく社長の告白。

身体を休められるという意味では有り難い連休だけれど、営業としての実働日数が一日減るという意味では、ちょっと辛いところでもある。早、火曜日が終わってしまった、、、という感じ。 立場が変わると、考え方や感 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly