川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自分の中に落ちていました。 

投稿日:

働けるだけでも有り難いといっていた人が、そのうち、有り難いの気持ちを忘れ始める。
慣れるとはそういうこと。

ただ、応援していた立場としては、それは聞かせて欲しくはなかったなぁ。

誰かのせいや、環境のせいにするのは簡単。
自分に原因があると言える人は、向上心があって格好良い。

純粋に、僕はそう思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

「プレミアムフライデー」が始まる。

仕事を早く終えてもらって、その分、遊興費としてお金を使ってもらいたい、回してもらいたいという施策。趣旨を考えれば、お金に余裕のある人たちが早く職場を出られるようになればいいということだろう。単純に、多 …

no image

書くということは自分の気持ちとの対峙

「書きためている文章だから『そのときのテンション』はすでにもう『こっちのテンション』になっていることが多いんだ」 「でも『こっち』だと思って読んでいたら『あっち』っていうこともあるよね?」 「ある」 …

no image

お客さんに渡すよりも、おとんとおかんに渡す会社案内を ― 聞いていたい声に。

仕事を通じて人に必要とされたり、自己実現の叶っていくプロセスがとても好き。だから、時間の切り売りのような気持ちで仕事に向かう人の感覚は自分には合わない、どうしても。 かといって、お金儲けがしたいわけじ …

今日も産卵。

コリドラス、帰宅したらまた産んでました。 ほぼ毎週頑張ってくれてます。 水槽、増やしたいなぁ…。

野良犬出身の成人式、だね。

月曜日に、父の体調が再びおかしくなったと聞いた。 火曜日夜、見舞ってみると、どうやら体調は落ち着いていて、普通に話が出来る程度に戻っていた。 「口が寂しい、お菓子がほしい」「○日以上入院したら、保険出 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly