川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

仕事の出来る喜びを感じながら。

投稿日:

腱鞘炎は、手首にサポーターをつけて過ごすとかなり軽減される。

大袈裟だとか、痛々しいとその都度言われるのも鬱陶しくて最近はしていなかったけれど、
仕事に支障が出てもいけないので、常用することにした。手首は大切な商売道具の一つ。

タイムマネージメントを考える。

集中出来るはずのコアタイムに何をするべきか。
生活の見直しも含めて、もっと時間の無駄を減らしたい。

さすがにもう、一週間に110時間仕事することを目標にはしない。
でも、やっぱり僕ら76世代には、その時間を意識して仕事をする人が多いのも事実。
さぼりすぎていることを自覚する。

胸を張って、「人の倍は働いている」と言えるだろうか。

最初に決めた約束が、あやふやになってきている。
もっと時間を、惜しもう。

「パワースポット」「宗教」に依存が強まるのは、不況の時に良く見られる傾向。
「資格」や「本」に依存する人が増えるのも、同じ傾向なのかもしれない。

そこに活路を見出そうとするのは一つの方法。

でも、自分が求める人材って、その流れをこっち側から眺められる人なんだろうな。
直感で仮説を立てられる人、その仮説を検証していくことの出来る人。
それを検証するための一つにするか、全てにしてしまうか。

脳を柔らかくするのが「本」「資格」かもしれない。
でも、脳を硬直化させるのも「本」「資格」である可能性もある。

それに気が付いていればいいんだけどね。

1月4日、仕事始め。

始まる感覚が、とても嬉しい。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

言葉たちのリアル、言葉たちの想像。

文芸の世界にも写実主義とロマン主義とがあって、虚構であってはならないという意見と表現のなかで想像は自由であるという意見が対立する場面をよく見かける。どうであれ、読み手の想像力に委ねることに変わりはなく …

自分のための、次の階段を探すための。

やるだけのことはやってみようと思うし、 楽しくなければ続かないと思うし。 やらなかったくせに後から文句を言う人に、 「ドアは開いてましたよ」 そう言えるようでもありたいと思うのは、自己防衛のためでもあ …

no image

「よその会社と比べて、うちは」 – と、言わずに行う効果的な広告手法とは。

仕事の内容も活動範囲も、広がりを見せています。様々な方からお声をかけていただけるようになってきて、おかげさまで、充実した忙しい毎日を過ごしています。 なかでも、広告戦略についてのご相談は、今年特に力を …

no image

フレンチトーストまでが遠い、僕たちの葛藤

顎関節症なので、食べ物や食べ方に注意をしなければ「アウッ」といってしまう羽目になる。顎が外れてしまうと言葉を発することも出来なくなり、視界は涙で霞む。ところが、そういうものだと知らない人たちには僕がふ …

no image

ピアノと言葉と脳みそと。

集中力なんて、そんなに長続きするわけもなく。 週末に自宅で仕事をしている時などは、時折気分転換に2階の部屋に置いてあるキーボードとにらめっこ。 適当に指を遊ばせていると、浄化されていく自分を感じて、ひ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly