川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

お客さんのことをクライアントと呼ばない会社。

投稿日:

ご商売のアドバイスを求められたら、お客さんの立場で返事をする。

・・・が、正解、なんだけど。
経営者同士や、同業の人にアドバイスを求めると、途端にお客さんの立場や気持ちを忘れて
自分の経験談や感覚、理論に持っていきたがる人が多い。

そういう人たちが多いですよね、で、その回答に違和感を覚えませんか?
覚えますよね? それはどうしてでしょうね?

という風に、「お客さんありき」「お客さんから」考える会話をしながら、広告や販促物を作っていくのが
前川企画印刷の仕事です。

想いが思い込みになってしまっていないか。
お客さんはどんな風に自分のことを見ているのだろう。

思い当たる方に気軽に相談していただくことの出来る、そんな私たちでありたいものです。

ちなみに。

前川企画印刷では「クライアント」という呼び方も禁止しています。
お客さんに何かをするのではなく、お客さんと一緒に、お客さんの利益・目的を追求していける
私たちでありたい。

だから、距離のある言葉、「クライアント」は禁止。

お客さんという身近な言葉で。
「お客さんのお客さん」の目線を考えながら、一緒に仕事に取り組んでいく。

そんな責任感のある仕事を、メンバー全員で継続していきます。

仕事は、作業ではなく、創るもの。
与えられるだけのことはしない、それが、私たちの約束です。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

許容することの出来る、器。

入梅。 カレンダーを読むことの出来る紫陽花たちは不思議。 夏至も間近、そして、本格的な夏もすぐですね。 商売の話をしていると、「アナログが大事、デジタルはあかん」という流れになってくることがよくありま …

no image

幾らかを寄せては祈り続ける

父親の死去、愛犬たちとの別れ、そして震災。 うまくいかない仕事のことや、誰にでもあるような甘酸っぱい青春のいくつかもあるけれど、これまでの人生で色濃く涙と結びついたのはやっぱりこの3つになる。熊本の大 …

no image

いつかの明石市議会議員選挙。

ある、事故の、起きる何分か前。 現場に、僕はいて、危ないと思った。そこは、立ち寄るべき場所ではないと思った。 そして、事故は起こった。 尊い命が、いくつも失われた。 命を失くした家族は。 やがて、事故 …

五丁目。

バスクリン地獄。

no image

知識も大事、ただ、知識よりは物語が大切

溺れている人は助かろうと手足をばたばたさせる。それが一生懸命であるということ、本気であるということ。その必死さに周囲は手を差し伸べるのであって、悠々と水面に浮かぶ人間に救いの手が伸びるわけもない。人に …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly