川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

お客さんのことをクライアントと呼ばない会社。

投稿日:

ご商売のアドバイスを求められたら、お客さんの立場で返事をする。

・・・が、正解、なんだけど。
経営者同士や、同業の人にアドバイスを求めると、途端にお客さんの立場や気持ちを忘れて
自分の経験談や感覚、理論に持っていきたがる人が多い。

そういう人たちが多いですよね、で、その回答に違和感を覚えませんか?
覚えますよね? それはどうしてでしょうね?

という風に、「お客さんありき」「お客さんから」考える会話をしながら、広告や販促物を作っていくのが
前川企画印刷の仕事です。

想いが思い込みになってしまっていないか。
お客さんはどんな風に自分のことを見ているのだろう。

思い当たる方に気軽に相談していただくことの出来る、そんな私たちでありたいものです。

ちなみに。

前川企画印刷では「クライアント」という呼び方も禁止しています。
お客さんに何かをするのではなく、お客さんと一緒に、お客さんの利益・目的を追求していける
私たちでありたい。

だから、距離のある言葉、「クライアント」は禁止。

お客さんという身近な言葉で。
「お客さんのお客さん」の目線を考えながら、一緒に仕事に取り組んでいく。

そんな責任感のある仕事を、メンバー全員で継続していきます。

仕事は、作業ではなく、創るもの。
与えられるだけのことはしない、それが、私たちの約束です。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

自動車学校を卒業したものですから。

中国語をぺらぺらと話す人の後姿が格好いいなぁと思った。 そんな自分の最終学歴は兵庫県自動車学校明石校、まる。

栄養ドリンク箱買い。

毎月7日はクレジットカードのポイント10倍Day。 まとめ買い中です。

お抹茶。

でかいですな。

まだまだ陽は高い。

@明石の浦

雪の朝、心はカラになる。

雪ぢゃー。 フィットにも屋上にも雪、雪! 明石では、積もるどころか、雪が降ることさえ滅多にないので、うっすらと白の世界が広がるだけでも感激してしまいます。 これで降り出したら「遭難するー」なんて言って …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly