川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

お客さんのことをクライアントと呼ばない会社。

投稿日:

ご商売のアドバイスを求められたら、お客さんの立場で返事をする。

・・・が、正解、なんだけど。
経営者同士や、同業の人にアドバイスを求めると、途端にお客さんの立場や気持ちを忘れて
自分の経験談や感覚、理論に持っていきたがる人が多い。

そういう人たちが多いですよね、で、その回答に違和感を覚えませんか?
覚えますよね? それはどうしてでしょうね?

という風に、「お客さんありき」「お客さんから」考える会話をしながら、広告や販促物を作っていくのが
前川企画印刷の仕事です。

想いが思い込みになってしまっていないか。
お客さんはどんな風に自分のことを見ているのだろう。

思い当たる方に気軽に相談していただくことの出来る、そんな私たちでありたいものです。

ちなみに。

前川企画印刷では「クライアント」という呼び方も禁止しています。
お客さんに何かをするのではなく、お客さんと一緒に、お客さんの利益・目的を追求していける
私たちでありたい。

だから、距離のある言葉、「クライアント」は禁止。

お客さんという身近な言葉で。
「お客さんのお客さん」の目線を考えながら、一緒に仕事に取り組んでいく。

そんな責任感のある仕事を、メンバー全員で継続していきます。

仕事は、作業ではなく、創るもの。
与えられるだけのことはしない、それが、私たちの約束です。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

生きていた証、今はいないという空虚感。

32歳ガン漂流エヴォリューション/奥山貴宏 blogを一通り読んで、本を読んでみたくなりました。文字を通じて生前の作者に対峙しています。どれだけ生きたかったことだろう? 彼の見た景色は今も変わらないま …

肺がんと生きた奥山貴宏さんに貰えるモノ。

奥山貴宏さんは今年の4月に亡くなられた。 肺がんと生きた奥山さん。その特番がNHKで放映されるという。7月23日(土)22時、NHK教育【オレを覚えていてほしい】という番組がそれ。 いかにも奥山さんら …

no image

良く言えば、それは信念。悪く言えば、それは頑固。

「直接的ではなくても、行間に悪口や蔑む言葉を使っては同じだよ」と伝えようと思うこの言葉だって、論にして書いてしまえば「お前が何を偉そうに」ということになる。だから結局「人それぞれ」といつものお題目でそ …

原宿ー。

クレープはどこぢゃ。

no image

9月16日、30歳になる彼に何を贈ろうか。

いよいよ、来週の土曜日、9月16日(土曜日)。 30歳になります。20代ともお別れです。少し、甘えが許されなくなるのかな。少し、見た目に近づくのかな。 いろんな期待や不安、寂しさ、交錯する想いの中で。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly