川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

お客さんのことをクライアントと呼ばない会社。

投稿日:

ご商売のアドバイスを求められたら、お客さんの立場で返事をする。

・・・が、正解、なんだけど。
経営者同士や、同業の人にアドバイスを求めると、途端にお客さんの立場や気持ちを忘れて
自分の経験談や感覚、理論に持っていきたがる人が多い。

そういう人たちが多いですよね、で、その回答に違和感を覚えませんか?
覚えますよね? それはどうしてでしょうね?

という風に、「お客さんありき」「お客さんから」考える会話をしながら、広告や販促物を作っていくのが
前川企画印刷の仕事です。

想いが思い込みになってしまっていないか。
お客さんはどんな風に自分のことを見ているのだろう。

思い当たる方に気軽に相談していただくことの出来る、そんな私たちでありたいものです。

ちなみに。

前川企画印刷では「クライアント」という呼び方も禁止しています。
お客さんに何かをするのではなく、お客さんと一緒に、お客さんの利益・目的を追求していける
私たちでありたい。

だから、距離のある言葉、「クライアント」は禁止。

お客さんという身近な言葉で。
「お客さんのお客さん」の目線を考えながら、一緒に仕事に取り組んでいく。

そんな責任感のある仕事を、メンバー全員で継続していきます。

仕事は、作業ではなく、創るもの。
与えられるだけのことはしない、それが、私たちの約束です。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

今年は、今年も。

尼崎市文芸祭の結果通知。今年は『準佳作』で選んでいただきました。 一昨年は準佳作。去年は佳作。 なかなか上に行けません(汗) でも、地元明石の文芸祭は全然ダメなことを考えれば上出来…ですよね。

今日の村上給食。

いかにも『男性』向け。 女性の多い職場ではしんどいかなあ?

no image

動物たちに触れると眠たくなる、一緒にいると気付かなかった犬たちといる生活の効果

僕にはトラウマがある。 ある日を境に、檻の向こうに行ってしまって。体温の失われていく命の重さだけは、よくわかっている。 引用元:ある日を境に、きみは檻の向こうへと行ってしまう命だった。 | 川柳をこよ …

山手線のホームで聞こえてきそうなポニョ。

朝から降っていて、走りに行けないー。 ので、起床3分後の鍵盤遊び。顔も洗わないままのテンションで、ポニョをモチーフにして遊ぶ。  《山手線のホームで聞こえてきそうなポニョ(←音が鳴るよ)》 ちょっと違 …

no image

喪主の前髪が大変なことになっています。

先日注文しておいた実家の表札を受け取りにホームセンター。ついでに、スイカの苗も購入。 クリーニング屋に立ち寄って、実家。 早速表札をつけて、犬と遊んで、花を眺めて。 父と話をして、それから、また、明石 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly