雑記

頸椎椎間板ヘルニアのその後と首の痛み、養命酒でなりきるダメな親父ごっこ

頸椎椎間板ヘルニア。
その後のことを書かないでいると、「大丈夫か、無理してないか」と心配してくれる友人がいます。有り難いことです(転職決まったらしいな頑張れよ)。

時々ですが、発症した頃と同じような痛みの出ることがあります。あの時の痛みを100とすれば、今は40くらい。痛み止めを服用するほどではありませんが、(この後、本震が来るのではないか・・・・・・)と怯えてしまいます。その様子は、雨に打たれた子猫のようだと思っていますが、周囲からは、怖がりすぎのおっさんと言われています。どうしてなんだ。

上着やコートを着たり脱いだりすると、肘に痛みが走ることがあります。これも恐怖のスイッチ。気遣ってコートを着せてくださる方がいます。ありがとうございます。いつも感謝しています。

「痛い」と言いたいのですが「いつまで痛がってるんだ」と言われてしまいそうで、こうしてブログやツイッターに本音を置いては、リアルでは作り笑いをします。曰く「暑苦しい笑顔」なのだそうです。えぇぇ。

リハビリは週に2,3回通っています。今年からは負荷を高めたトレーニングをしています。腕の筋力低下は、なんとか下げ止まったのではないでしょうか。極端に痩せてしまった肩だけは、痛みとの兼ね合いもあって、自主トレも限定的です。主治医は相変わらず手術を勧めてきますが、それを回避するため、リハビリの内容を改めた次第です。

いろんな方の厚意が身に沁みています。それですこしでも身体が楽になるのなら、気軽に立ち寄ってほしいとケアの提案をしてくださる方もいます。甘えっぱなしです、情けないくらいに。ありがとうございますありがとうございます。

痛い
手術は嫌だ

弱音を吐けば、まぁ、そういうことです。手術が嫌である理由は何度も書いてきたのですが、リアルで会う人はそこまで読んでくれていることも少ないので、何度も同じ話をすることになってしまいます。同じ話を伝えた後に「でも、とにかく手術したらいいやん。怖がりだなぁ」と言われる確率は86%(当社調べ)です。なんというざくっとしたまとめ方ですか、それ。


腕の痛みで書けない自分に抗いたくて、今日は2つの記事をアップしました。

シャーベットのような風に吹かれると、痛みが増すような気がします。最近のお気に入りは、流しに置いた養命酒を、「酒だ酒だ。酒でも飲まねぇとやってられっかってんだ、こんちくしょー」と言いながら、かっ食らうことです。血行が良くなるといいなぁ。