川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明日は100%お休みしまっせー。

投稿日:

事業継承の時の節税方法に、もしかすると、金庫株制度と生命保険を組み合わせる
方法があるのではないかな、と、思い立って調べてみたらビンゴ!

・・・でも、よくよく調べてみると、この方法、自分の持っているFPのテキストにも
同じやり方が書いてあった。いかにこの分野について、適当に読み飛ばしていたかを
物語る悲しい結果になってしまった。

今年、余裕があれば、FPの上級資格にも挑戦してみたいなぁ。

1月2月の超繁忙期。
本日の自宅での作業を終えて、折り返しを過ぎたあたり。

2月10日まで、作業スケジュールがぎっしり詰まってきました。

11日の祝日は、同友会の1日研修で、夜は皆さんと食事。
この時間が、ちょっとした気分転換になるのかな、どうなるのかな。

ご褒美を意識しながら、乗り越えていきたい山。

風邪ひかんぞー。
がんばるぞー。

さて。

明日は大阪行ってきまーす。
純粋にプライベートな用事だけで行くのは久々。

楽しみまっせー。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

朝はどんな風に針を進めてしまうのだろう

無情に進んでいく時間があって、悲哀を片付けていくのも時間なのだということを思うとき、いつもASKAさんの「朝をありがとう」という曲を思い出す。 時間の中で僕たちは生きていて、黙っていても時間はどんどん …

舞子の海を眺め中。

ポニョー、今日は東へ。 川柳の締切は15日なんだ。走りながら考えても、焼肉屋さんの匂いに支配されてしまう僕の脳みそさ。 カルビー。

ふあうすと川柳社80周年記念大会。

今日は大会。印刷で貢献しているからと、感謝状をいただきました。有り難いことです。 さて、ここからは一柳人としての参加。 句は選んでもらえますでしょうか。

明石に浮かんだ地震雲。

低気圧が近づいたり大潮の時にだけ。 うちの水槽の魚たちは独特の「落ち着きの無さ」を見せるのですが、昨日あたりから(そんな日ではないにも限らず)同じように動きまわっています。 気圧の変化に敏感(察知?) …

no image

通り過ぎていく時間が歴史になることを目撃する

つい昨日まで、当たり前のように思っていたことが、思い出や歴史、文化になっていくのを目撃することが、生きているということであって、悲しみであるということで。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)