川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

遠くを誓おう。

投稿日:

上澄みの純度の高い気持ちだから、言葉を選ぶ。

伝えたい想いの幾つもあるわけではなく、飾り気を削いで向かう場面。
始まりの時間、続く空間、膨らませるイメージは彩のある海にも似て。

言葉の仕事は、飾るのではなくて、削り、磨くこと。
核にあるものを輝かせて、伝える。

それが自分の誇り、約束。

言葉にこだわるのは、つまり、そういうこと。

組織を強くしていきたい。

この気持ちを汲んで、いろんな方が配慮をして下さる。
本当に温かい。

言いたいことを、我慢してくれて。
言いにくいことを、言って下さって。

いま受けているこの恩を返せる未来へ、一生懸命で、行こう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

父親の緊急入院。

祈。

器の大きさから得る教訓。

初めて訪れた病院の待合室。 先生が大海原で釣り上げた鯛の行方は不明で、近づいて見ると、そこには小さな金魚が一匹、悠々と泳いでいるだけだった。その器の大きさたるや。 思い込みは禁物。相手の懐に飛び込んで …

2匹はとても元気です。

@明石公園

散歩。

近所のお宮さんにお参り。

no image

学校の先生に負けるくらいなら、お金はいただきません。

 学校の先生の話なんて、聞かなくていいよ。  黒板を写しただけのノートなんて、すぐに破りすてちゃえ。 僕はいつも、家庭教師をしていた頃はそんなことを言いながら生徒たちに接するようにしていた。 教えるこ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly