川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

遠くを誓おう。

投稿日:

上澄みの純度の高い気持ちだから、言葉を選ぶ。

伝えたい想いの幾つもあるわけではなく、飾り気を削いで向かう場面。
始まりの時間、続く空間、膨らませるイメージは彩のある海にも似て。

言葉の仕事は、飾るのではなくて、削り、磨くこと。
核にあるものを輝かせて、伝える。

それが自分の誇り、約束。

言葉にこだわるのは、つまり、そういうこと。

組織を強くしていきたい。

この気持ちを汲んで、いろんな方が配慮をして下さる。
本当に温かい。

言いたいことを、我慢してくれて。
言いにくいことを、言って下さって。

いま受けているこの恩を返せる未来へ、一生懸命で、行こう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

明石の海は。

静かで、優しくて。昔から懐かしく、いつまでも懐かしい。 心癒してくれる潮の風。 明石焼きでお腹いっぱいの腹ごなしに、誘われて、浜に出るのでありました。

二十歳になったあーちゃんと。

元気ですよー。

no image

この時間帯に抱く殺意。

この時間帯になると、たまらなく臭くなり始める自分の足元に並々ならぬ殺意を覚えるのであります。 クサすぎ。

フラワーアレンジメント。

デモンストレーション。 於、神戸ハーバーランドスペースシアター。

滋賀のお客様からいただいたお土産と、自分という人間に時間を割いていただける感謝と

滋賀からのお客様をお迎えしての会食。「滋賀」からのお客様のお土産。「滋賀」からの…。 今回は神戸、次回は滋賀と、お互いのホームグラウンドで交互に会食をするようになって久しい。食事に誘っていただけるのは …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly