川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

溢れ出す、ほんの少しのそれを、すこしずつ。

投稿日:

心から、祈っています。

IMG_3599

メールに添えたら、「神社仏閣巡りが趣味じゃなかった!?」
んじゃー、これこれ、これでどう?

IMG_3385

「なんかねぇ、素材っぽくて、面白くない」

祈るのも、一苦労(笑)

祈り方も、想い方も、形も、それぞれでいい。

善意は強制されるものでもない、強制するものでもない。
しないことが、魔女狩りのようにされてもたまらない。

それぞれの日常を、当たり前に生きて、
グラスいっぱいに満たされたら、溢れ出す、ほんの少しのそれを、
分けてあげるくらいが、ちょうどいい。

マラソンと同じ。
いまは、これからを走り始めたばかり。

気負いすぎず、壊れてしまわないように、
「ずっと」、少しずつでいよう。

形は、それぞれ。

溢れ出す、ほんの少しのそれを、
分けてあげるくらいが、ちょうどいい。

IMG_3417

少しずつね。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

うちの会社のブーム。

新開地のラーメン屋『豚の助』。 濃厚なとんこつスープ、だけど、なぜかさっぱりした後味。病み付きになります。 うちのメンバーおすすめのお店。

理由。

 

神戸ビーフ館グリルなかがわ。

特大です、ビツカツセット。

回顧、母を想って詠んだ短歌が大賞を受賞したこと

音符にすれば表現出来るような物事の流れのイメージがあって、その抽象的な危うい感覚を共感してもらえると、ますます言語性は失われていってしまう。だから欲しいと思うのだし、だからこれではいけないのだとも思う …

no image

三日目の爪/土に水に光に。

添うて花にすることが目的であるのは、去年も今年も変わらない。土に水に光となることを、一つ一つの行動にリミットを決めて取り組む。「こなす」と「つくる」の役割の違い、「残したい、伝えたい」想いある人たちに …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly