川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

溢れ出す、ほんの少しのそれを、すこしずつ。

投稿日:

心から、祈っています。

IMG_3599

メールに添えたら、「神社仏閣巡りが趣味じゃなかった!?」
んじゃー、これこれ、これでどう?

IMG_3385

「なんかねぇ、素材っぽくて、面白くない」

祈るのも、一苦労(笑)

祈り方も、想い方も、形も、それぞれでいい。

善意は強制されるものでもない、強制するものでもない。
しないことが、魔女狩りのようにされてもたまらない。

それぞれの日常を、当たり前に生きて、
グラスいっぱいに満たされたら、溢れ出す、ほんの少しのそれを、
分けてあげるくらいが、ちょうどいい。

マラソンと同じ。
いまは、これからを走り始めたばかり。

気負いすぎず、壊れてしまわないように、
「ずっと」、少しずつでいよう。

形は、それぞれ。

溢れ出す、ほんの少しのそれを、
分けてあげるくらいが、ちょうどいい。

IMG_3417

少しずつね。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

リレー・フォー・ライフに賛同しています。

癌って本当に怖い病気ですけど、(いろんな意味で)本当に身近な病気であるとも言えるのではないでしょうか。  癌がわかって、手術ができなくて・・・。   薬がかわって、副作用がでて・・・。 そのたび、その …

no image

僕たちという複数で紡ぎたい、この気持ちは。

円のために生きるのではなく、縁があるから生きているのだと、 いまの足元を、常に。 自分のような人間を、助け、支え続けて下さった方がいる。ひとり、ふたり、数は限りなく。 温もりを思い出し、優しさに触れ、 …

no image

負はアイキャッチになりやすいが、度が過ぎると痛くなる

「身から出た錆」も悲劇に組み込んで自分語りをしてしまうと、取り巻きの一層目の人たちからは「痛い」と思われてしまい、やがて離れていってしまうのではないか。そうして今度は二層目の人たちが、一層目となり、や …

そして誰もいなくなった。

深夜の山陽電車のミステリー。 寝転び放題。 いびきかき放題。

ひまわり。

みんな健気に太陽を向いています。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly