川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

地震のおかげで、あんたに逢えたんやなぁ – 神戸らしく、大人らしく。

投稿日:

阪神淡路大震災の時、僕は大学受験生だった。
瓦礫の街、受験地に向かうため代替バスを待つ僕を、周囲の人は
風邪を引いてはいけないからと、声をかけあって先に乗せてくれた。
京都の宿舎に着くと、ホテルの人がパンを差し入れてくれた。

救援物資を運ぶボランティアの人たちに、父は店にあったカバンやリュックを
全て供出した。こんな時だからと、父は何度も繰り返した。
父は少し照れた顔を浮かべながらテレビ局の取材を受けていた。
父はそして嬉しそうに、当たり前のことだと話をしてくれた。

炊き出しのボランティアに行った。
体育館にいたおばあさんは「こんなことなら、死んだら良かった」と、僕に涙を
流しながら話をした。一緒に泣きながら、僕は全身をマッサージしてあげた。
おばあさんは言ってくれた。「地震のおかげで、あんたに逢えたんやなぁ」

― 東日本大震災、2011年3月11日。

返すときが来たのだと思う。
あの時、子どもだった僕も、今はもう大人になった。

形で示そう、心を添えよう。

お金を贈ること。
経済的な復興を支援するために、被災地のモノを買うこと。

まずはそれから。
まずはそれを続けること。

約束を公言して、自分を縛る。

大人らしい、経営者らしい、出来ることをする。
神戸に関わる人間らしいことを、する。

やる。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

明石には明石を横断する。

浜の散歩道ってのがあるんだ、ポニョ。 端っこまで行けるかな。目指せ東二見、15キロコースだよ。

松山千春コンサート。

男泣きしてまいります。

no image

薬の副作用2477症例、HP公開始まる

ゲフィチニブ(イレッサ)の副作用情報が一番多いそうです。尚、31日15時現在、アクセスを試みましたが、まだサーバの反応が遅いので内容までは確認していません。 参考までに。 ===薬の副作用2477症例 …

no image

Facebookにたえて会話のなかりせば春の心はのどけからまし

Facebook。 Aさんは友だち、Bさんも友だち。だけど、AさんとBさんが「いいね」をしあったりコメントをやりあっているのを表示しないようにする設定があれば、春の心はのどけからまし。そんな設定方法は …

わが家の桜も。

庭の桜(さくらんぼ)。 もうすこし、もうすこし…。春を待ち切れない顔で、風に揺れています。 また、実の成る頃には雀たちとの戦いですね。 いまから、見舞いに行ってきます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)