川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

本を読んで柔らかくなる人、本にもたれて固くなってしまう人。

投稿日:

「育てる」という言葉は、自分に驕りが見えるようで出来るだけ使わないことにしている。

人は元来、育つもの。
育つためのきっかけやヒントをタイミング良く与えてあげることが、リーダーの仕事。
リーダーは、リーダーである自分をどれだけ我慢出来るか。

これが、自分の考える「組織力」において必要な意識。

本、本屋さんにヒントを得られる人は、柔らかい
本、本屋さんに依存してしまう人は、固い。

この微妙な違いが、人を魅力的に見せるかどうかという一つの基準だと気づいた。

僕たちは採用する側で考えるとき、即戦力なんてことはこれっぽっちも期待していない。
なぜ面接をするのかというと、困難や未知に遭遇したときの「即応力」を判断したい
からなのだろうと思う。

いかにも本で知ったような。
いかにも勉強してきたような。

「固さ」は、人の魅力を削いでしまう。

読んだ本の数や得た資格、勉強している内容の主張には、実はあまり興味がなく、
それらをヒントに、自分の「足らず」や「柔らかさ」を認められる人に、可能性と、
人間としての魅力を感じることが出来る。

勿論、知識を否定しているわけではなく、
知識はあることを前提として。

「教科書を知った上で、教科書を破ることの出来る人」
「知っていることを、知らない顔で聞くことの出来る人」

そんな柔らかさを、引き続き、心新たに求めていきたいと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

とり天

食わねば。

no image

自分をすごいと言ってしまう人、あの人はすごいと言われる人

「難しいことはよく分かりませんが」と前置きをして語り始める人の、難しいことを知り過ぎてる感。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年5月21日 頭の良い人の頭の良さを誇 …

国鉄高砂線廃線跡 ~5月を選んで咲くつつじと転轍機

国鉄高砂線、高砂駅廃線跡。この場所で目を閉じて音や景色を想像するのが好き。 廃線跡に咲くつつじ。 5月に吹き抜けていく風は心地良い、まだ熱があって火照る身体を冷ましていってくれた。鮮やかな花たちは緑と …

no image

ようやくようやく

6月末の決算について、決算書の作成をようやく終える。付き合わされまくったうちのメンバーと顧問税理士の川口さんにただただ感謝。 プレイヤーとして働く時間、経営者として動かなければいけない時間。すべてをこ …

no image

駐車場のおじさんとした約束に、僕はまるでメロスになったようだよ

ずっと続いている目の痒み、クシャミ。我慢出来なくて掻いてばかりいると、とうとう瞼が腫れてきてしまった。 土曜日の朝の眼医者さんは大人気。駐車場には管理人のおじさんがいて停める場所がないことを僕に告げる …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)