川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】神戸から 今日はこんなに元気です

投稿日:

東日本大震災で被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

私たちは、神戸からこの本をお届けしています。
私たちは、震災の風化していく寂しさを知っています。
私たちは、出来ることから始めていきます。
私たちは、出来ることを継続して行っていきます。

私たちは、神戸にいます。
だから、私たちは約束します。
ずっと、形ある支援に心を添えて、届けていきます。

神戸から、私たちは、今日はこんなに元気です。

逢いましょう、元気になって、きっと必ず。

2011年4月号ふあうすと裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】ミサイルが告げる世界のキックオフ   ばた

サッカーで盛り上がる頃、日本のゴールネットが狙われている。日本は、世界は、どんなファインセーブができるのだろうか。 それとも、虎視眈々と、カウンター攻撃を狙っているのだろうか。 いつも、北からの風に、 …

no image

[川柳] 耳たぶに風 幸せの顔をして

 ほんの小さな、ささやかな喜びを憶えていられるほうが、その人生は幸せに違いない。日常のなかに重なるそれらを綴るのに、この川柳という手段があって、今年はどれだけの幸を17文字に閉じ込めることが出来ただろ …

【川柳】鮎跳ねる川  泣き虫はもういない   ばた

四万十川川柳全国大会で入賞。 今日、賞状を受けとることが出来ました。賞の名前は四万十ロータリークラブ賞で、選者は番傘川柳本社の森中惠美子さん。 入選していた句は『鮎跳ねる川 泣き虫はもういない』でした …

no image

【川柳】逆上がり子供は風にキスをする   ばた

放課後は無限大だった。 どんな夢だって、誰も笑わない。階段をのぼっては、必ず見えてくる景色があるのだと、信じて疑わない。 得意になるまで、全てを成し遂げるまで。 ご褒美の風は、いつも、優しくタイミング …

no image

【川柳】白線の内側 鬼も胃薬も   ばた

選者:中川 一さんの選後評  何故「鬼」と「胃薬」が並列にならぶのか。その意外性が句の幅を広げる。臆病になった鬼は縄張りの外へ少しでもはみ出すことを恐れ、胃薬は箱と説明書に使用上の注意をぴっしりと書く …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly