川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】神戸から 今日はこんなに元気です

投稿日:

東日本大震災で被災された皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

私たちは、神戸からこの本をお届けしています。
私たちは、震災の風化していく寂しさを知っています。
私たちは、出来ることから始めていきます。
私たちは、出来ることを継続して行っていきます。

私たちは、神戸にいます。
だから、私たちは約束します。
ずっと、形ある支援に心を添えて、届けていきます。

神戸から、私たちは、今日はこんなに元気です。

逢いましょう、元気になって、きっと必ず。

2011年4月号ふあうすと裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

【川柳】二月堂上っていただくお茶がある   ばた

夏の出来事。 色々苦しいことが続いて、何か懐かしい景色に触れたくなりました。訪れたのは、奈良・東大寺。 自分は、特に何かの信仰があるわけではありませんが、仏陀さんの言葉には学ぶことが多く、春先から、そ …

no image

【川柳】もう誰も怒ってくれぬ夕茜   ばた

叱ってくれる人を大切にしたい。叱られて反省のできる、器を持ちたい。 夕焼け小焼け、発展途上。 こころ、からっぽの場所、 身にしみて、照らされて。ありがたくて、ひとりじゃなくて。 ===   【掲載】も …

no image

【川柳】杉の舞う日は宙に向く言葉たち

 最近の歳時記には花粉症を季語として採り入れるものもあるのだとか。降り続く雨はないという言葉もあるが、それにしても、春の来るまでのこの時期は本当に憂鬱なものである▼屋根の下の時間が増えて、活字に向き合 …

no image

【川柳】夕立にもたれて過去の色になる

焦げたアスファルトが濡れていき、ネクタイたちは束の間の雨宿り。やれやれと安堵の顔で、空を見上げてはまた、積み残したいくつかにラストスパート。夏の終わりの繰り返されるこの景色に、どこか懐かしさを覚えて優 …

no image

【川柳】先生の嘘 今もまだ体温に

個性というそれぞれを守るために、先生は嘘をついてくれた。貫いてくれた嘘は、僕のなかを生きていて、今を形成してくれている。 「あした」とは、「明日」という目先ではなく「未来」のこと。 余韻がこんなに長く …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly