川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

もっと選ばれるために、もっと断ることを。

投稿日:

テレビ局番組の構成作家としての仕事が、5月から増えることになった。
2週間に1回の締切でも、ギリギリだった。それが、毎週締切に追われていくことになる。
また、戦略に関する相談の業務も、5月以降、新しく任せていただけることになった。

ますます、時間の使い方を意識していかなくてはいけない。

これまでの「断らない」戦略は、しばらく撤回。
ここからは、断ることを覚えていこうと思う。

忙しいという言葉は、出来るだけ使わないようにしているものの、
混沌としている状況のなかで、時間の埋まっていく感覚に身を置くことが出来るのは、
やっぱり有り難く、幸せなことだ。

認めてくださること。
チャンスをいただけること。

それを当たり前だとは思わず、
両の掌を添えて受け止めるように、温度を噛みしめていきたい。

選ばれる喜びに、心からの。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

朝に聞く、しゃがれた声と内側の声と。

早起きして言葉を綴る。 色づき始めた庭のさくらんぼ。そろそろ、そうか、雀たちと戦いの時期が近づいてきた。 いくらかはあげるけど。 全部はやらんぞ宣戦布告。 — 暑かった火曜日、昼間は袖を捲 …

宮本武蔵と明石の関係。

どこまでも青と緑と蝉の声@明石公園。 公園内の武蔵の庭園から明石城を望みます。 宮本武蔵の出生については諸説ありますが、兵庫県の高砂市であるというのが 一番有力だと言われています。 明石城下の町割り( …

水槽前の午後はゆりかご。

今日も水槽をいじってみたり。 柔らかい水の音を聞きながら魚たちを眺めていると、夢まではあっという間。

納涼。

水の中にもある季節。 ただ、秋を待ち秋を待ち。

no image

僕には難しい字幕映画。

映画、洋画。 わかりやすさ重視、カタカナ嫌い。 やっぱり「吹き替え」だなぁと思う。それが、こだわり、言い訳。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly