川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】目に見えず喜怒哀楽の空の下

投稿日:

放射線は目に見えず、故郷から離れて、懸念と悲しみと。ひとの厚意は、温度を伴って、希望と優しさと▼天災は、見えなかったものたちを見えるようにしてくれた。それで知ったこと、それで泣いたこと、それで感動したこと。今はまだ「頑張ろう」に遠くても、繋がりはいつか、形になる。日々のニュースの向こうにいるのではなく、同じ空の下にいる連帯を、神戸から伝えたい▼エネルギーに満ちた季節、小さくても、一歩ずつ。

2011年6月号ふあうすと裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】走り出す君を包める風になる   ばた

Youth どんな顔も土にまみれて 拳強く宙を突き刺すシャツの袖は肩に捲り上げて いつか聞いた愛の言葉も 進む道の地図に刻んで走り出した君を風が包んでいる So fly to there 海よりも広い …

no image

【川柳】飛ぶ空も追う子も消えた赤とんぼ   ばた

一番星を競った顔は がりがりと 鉛筆 かちかちと 携帯 懐かしい風の吹く季節 深呼吸したって きっといいはずの 優しい季節 ===   【掲載】飛ぶ空も追う子も消えた赤とんぼ     ふあうすと200 …

no image

【川柳】夕焼けの具材になって包まれる   ばた

一日の仕事を終える頃の西の空。 汗も、やれやれも。くたびれた顔も、やり終えた顔も。 夕焼けの一つになって、夕焼けに溶け込まれて。 ほっとした、景色の中にいるのです。 ===   【特選三】夕焼けの具材 …

no image

【川柳】罪深き僕に笑ってくれるポチ   ばた

たとえば、いま、玄関で待っていてくれる。 たとえば、いつか。魂になって巡り会う頃、きっと笑ってくれる。 生きていても、生きたそれからも。 ずっとそうなんだろうという気がしている。 いつだって、会いたい …

寂しくて泣いたし、嬉しくて泣いたし ― 父の子で、母の子で。

康孝の孝 父の名と母の詩と こんな句を作って、blogに掲載したのは、父が亡くなって半年が経った去年の秋。 大会で選ばれたわけでも、誰かに認められたわけでもない。でも、今までに自分が2000句以上もの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly