川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】目に見えず喜怒哀楽の空の下

投稿日:

放射線は目に見えず、故郷から離れて、懸念と悲しみと。ひとの厚意は、温度を伴って、希望と優しさと▼天災は、見えなかったものたちを見えるようにしてくれた。それで知ったこと、それで泣いたこと、それで感動したこと。今はまだ「頑張ろう」に遠くても、繋がりはいつか、形になる。日々のニュースの向こうにいるのではなく、同じ空の下にいる連帯を、神戸から伝えたい▼エネルギーに満ちた季節、小さくても、一歩ずつ。

2011年6月号ふあうすと裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】梅雨明けの空 今日からは今日からは   ばた

きっかけ、でもいい、口実、でもいい。 とりあえず、でもいい、ようやく、でもいい。 忘れるための太陽なのか、背中を押すための風なのか。 とにかく、きっと。抜けたところにある、この場所からは。 もう、眩し …

no image

サラリーマン川柳ならぬ、社長川柳とは。

同友会のSNSで、経営者の立場から【会社川柳】を書いてみることにした。いろんな試みに、自分の「表現」という手段で挑戦してみるのも面白い、かも。 手始めに、こんな。 決算の近い社長の温度計  数字を意識 …

no image

【川柳】お化けだといえば信じて子の寝息   ばた

子:(夜更かしをしたいとぐずっている) 母:「悪い子は、お化けがさらっていっちゃうぞ」 子:「お化けなんて来ないもん!」 母:(ドアをノックしてみせて)  「ほーら、来たよ、来たよ」 子:(子供、震え …

no image

【川柳】目尻にも春 泣き虫はもういない   ばた

春を泳いで、明日を見つけた。 こぼれ始めた笑顔、迷いのない決意。もう、きっと大丈夫な君は、追い風に吹かれ始めた。 どんな繋がりを持つ、これからの。 どんな広がりを見る、ここからの。 泣いていた足元、す …

no image

【川柳】肩落とす子に体温を分けてやる   ばた

無言でそっと? 肉まんでも一緒に食べようか? いいよ、無理すんな。 痛いの、痛いの、飛んでいかなくったって構わない。 池に小石を投げ込んで。あぁ、そうだ、俺にだって、実は昔、こんなことがあってなぁ・・ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly