川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】目に見えず喜怒哀楽の空の下

投稿日:

放射線は目に見えず、故郷から離れて、懸念と悲しみと。ひとの厚意は、温度を伴って、希望と優しさと▼天災は、見えなかったものたちを見えるようにしてくれた。それで知ったこと、それで泣いたこと、それで感動したこと。今はまだ「頑張ろう」に遠くても、繋がりはいつか、形になる。日々のニュースの向こうにいるのではなく、同じ空の下にいる連帯を、神戸から伝えたい▼エネルギーに満ちた季節、小さくても、一歩ずつ。

2011年6月号ふあうすと裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】リヤカーを引いているのは母 つまり   ばた

導かれて、今日。 さて、何をしてあげようか。はて、何ができるのだろうか。 これまでの、僕らと。 これからも、僕らの。 道は、母が、踏み固めてくれていた。 ===   【掲載】リヤカーを引いているのは母 …

no image

【川柳】金環を見上げ宇宙を生きている

 何十年や何百年に一度という星たちの奇跡に巡りあった。見上げる声は、誰も子どもの頃のそれで、宇宙の広さに一人一人はとても小さい。米粒にも満たない蒼を、星はどんな風に笑うのだろう▼科学にも計算の出来ない …

no image

【川柳】転移した場所を静かに撫でていた   ばた

なぜ? を声に出すこともなく。静かに、祈りを込めて。 手のひらの「どうか」。 ココロからの「どうか」。 ===   【掲載】転移した場所を静かに撫でていた     ふあうすと2008年1月号    全 …

no image

【川柳】気まぐれを許してしまうのは男   ばた

それを気まぐれだということにしてあげる、男。 許すのか、許さないのか、という前提に、君でいいのか、君でなければいけないのか、として、描く未来。 結果、 許してしまう、受け入れてしまう、男。苦悩は永遠、 …

no image

【川柳】帰り道逃がしてあげた夏休み   ばた

空へ、川へ、土へ、戻っていく命たち。今日の景色をありがとう。 絵日記に書いた、麦わら帽子のいちにち。 お母さんと。 ===   【掲載】帰り道逃がしてあげた夏休み     ふあうすと2007年08月号 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly