雑記

指切りした日々添い星 ~ 一青窈さんの時間に。

一青窈さんのコンサート。

繊細な言葉、雰囲気。
メロディ。

優しさと柔らかさに包まれて、心が浮いていく。

素直に涙を流すことの出来る空間にいた。
それは、もう、僕を溶かすアートの世界だった。

自分のルーツは、音楽で、ピアノで。
それが繋がれて、いまの、言葉の表現の立ち位置に至った。

だからこうして、音符とことばの空間に身を置くことは、全身を浄化する感覚にも似て、
僕の螺旋を巡る。

ピアノを与えてくれた、両親に感謝してる。

表現を仕事に出来る自分は、当たり前を泳ぎながら、ちゃんと。
幸せなことなのだと、見つめ直さなければいけない。

指折りした夢路いとし
今でもきっと これからもきっと