川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

誰かの「数」の一部に組み込まれるのは、とても、いやだな。

投稿日:

Facebookのtwitter化の流れは止まらない模様。

アクセス頻度、下げます。
大切な連絡などは、これまで通り、メールで送っていただければ。

利が見えすぎると、心が疲弊してしまうので、
僕は僕のペースでいける場所と距離を大切にしていきたい。

誰かの「数」の一部に組み込まれるのは、とても、いやだな。

9日は、久々に松山千春さんのコンサートに行く予定。

歌を聴きに行くのは勿論だけれど、説法を聞いては、立ち位置や
生き方を再確認する時間。

「片田舎から出ていくためには、噛みついていくしかなかった」

ここに共感があって、僕を強くしてくれている。

また、何か誰かに活かすためのエネルギーを、しっかりと充電してきたい。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

明石公園にて。

おなかいっぱい?? @ジョギング中

no image

通夜葬式という形にこだわるのではなく。

明日(火曜日)、静岡は三島へ行ってきます。 冷たい言い方かもしれないけれど、御通夜お葬式なんてものは、周囲の人間が「これだけのことをしてあげた」という自己満足のために行うものだと考えているので、僕は、 …

no image

「ペルソナ」という言葉を当たり前に使われて

「ペルソナ」って言葉を共通言語として理解できる同士なら、その相手の知識を必要としないステージに来ている気がするんだけどなぁ。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年12 …

no image

保健所で見た、犬の最後の表情に。

母校(高校)訪問、会議、校長先生からの丁寧語。 あの頃の気持ちに戻れる場所で、自分を大人として見られることには違和感を覚える。まだそうではないという主張、そうでなければならないという理性との狭間。 校 …

no image

体力や感性の衰えを補っていくということ ~目立ちたがり屋の僕が我慢をして

「テストの成績が酷いのだから、目立つことはやめなさい」と、母や学校の先生に言われたことがある。実際、高校の時は、生徒会長選挙の直前に、立候補を断念するよう職員室に呼ばれたくらいだ(立候補するつもりはな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly