川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

川柳と短歌で、夏は楽しくなった。仕事のスピードが速くなった。

投稿日:

「文化の日」がある11月頃には、川柳を始めとする各種文芸大会が集中します。

全国のあちこちで大会が行われる他、誌上大会といって「投句」のみで作品の優劣を決める
部門もあり、この6月や7月は、まさにそれらの投句大会の締切ラッシュ!

毎日、あーでもない、こーでもないと空を見上げたり、指を折ったりと、
脳みそを搾る作業が続きます。

(このあたり、本当は「自分と向き合う時間が続きます」なんて書くことが出来れば
格好いいのですが、締切が続くと、創作というイメージからはかけ離れた惨状になります)

今年になってから言葉の仕事も増えました。

毎週毎日が締切。
追いつめられるように、時間が加速していきます。

面白いもので、自分のキャパが100であるとき、120の状態を抱えると「いっぱいいっぱい」に
なってしまうのですが、これを更に追い込んで150にしてみると、「やるしかない」と
開き直ることが出来ます。

・・・ので。

今年は、川柳のほか、短歌への挑戦も始めてみました。 →  短歌への挑戦なう

575の縛りから抜けて、57577の世界に心を預けると、力の抜けた自分の表情を
見つけることが出来ました。

川柳には川柳の、短歌には短歌の味わいがあります。

ことばの世界、文学の楽しみ。

自分にとっては仕事でもあり、ライフワークとなったこれらを、上手に時間を活用しながら
長く広く、続けていきたいと思っています。

梅雨も明けて、夏、本番。

秋の夜長にはまだ気が早いかもしれませんが、良かったら。
僕と一緒に、指折りの詩の世界、始めてみませんか?

前川企画印刷で編集・印刷を担当しております「川柳ふあうすと」無料贈呈いたします。
興味があれば、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

動物を愛せる僕にしてくれた両親の愛。

「うちじゃ飼えないでしょー、捨ててきなさい!」 捨て犬や、捨て猫。拾ってきては駄目だといわれる、そんな光景。 うちの親については、それだけは一度もなかった。 むしろ、自分たちで拾ってくる程の動物好き。 …

追い風なのだという確信に変わるまで ~リレーマラソンへの挑戦

8月の終わりにリレーマラソンに参加してみようと思って、今日はその練習に参加してきた。 みなとのもり公園(神戸震災復興記念公園)へ行こう|神戸三ノ宮南地域・都心の新たなにぎわい事業 さすが専用に整備され …

no image

名簿入力、制作会社の春モード。

年度末、春、間近。 今年も、学校のお客さんから「名列(名簿)」制作のお仕事をいただきました。 ひとりひとりのお名前を入力していると、そこに込められた親御さんの「想い」が伝わってきます。どの文字にも、意 …

no image

トレンドに敏感な、身体のパーツ。

眠れないまんま、気付いたらもう6時! 今日は昼から、NTTの工事。ようやく我が家も光に繋がることに、さて、何か生活に変化はあるのかどうか。 お寺に連絡して、3月末に一周忌のお願いなど。 去年のこの時期 …

no image

六月は扇風機の顔をしてやってきた。

扇風機に向かって「あーーーっ」と言ってしまうのは、日本人特有のものだろうか。紅茶のことをお紅茶と呼ぶような、そんな上質に満ちた暮らしをされている方も、やっぱり「あーーーっ」と言ったことがあるのだろうか …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly