川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

川柳と短歌で、夏は楽しくなった。仕事のスピードが速くなった。

投稿日:

「文化の日」がある11月頃には、川柳を始めとする各種文芸大会が集中します。

全国のあちこちで大会が行われる他、誌上大会といって「投句」のみで作品の優劣を決める
部門もあり、この6月や7月は、まさにそれらの投句大会の締切ラッシュ!

毎日、あーでもない、こーでもないと空を見上げたり、指を折ったりと、
脳みそを搾る作業が続きます。

(このあたり、本当は「自分と向き合う時間が続きます」なんて書くことが出来れば
格好いいのですが、締切が続くと、創作というイメージからはかけ離れた惨状になります)

今年になってから言葉の仕事も増えました。

毎週毎日が締切。
追いつめられるように、時間が加速していきます。

面白いもので、自分のキャパが100であるとき、120の状態を抱えると「いっぱいいっぱい」に
なってしまうのですが、これを更に追い込んで150にしてみると、「やるしかない」と
開き直ることが出来ます。

・・・ので。

今年は、川柳のほか、短歌への挑戦も始めてみました。 →  短歌への挑戦なう

575の縛りから抜けて、57577の世界に心を預けると、力の抜けた自分の表情を
見つけることが出来ました。

川柳には川柳の、短歌には短歌の味わいがあります。

ことばの世界、文学の楽しみ。

自分にとっては仕事でもあり、ライフワークとなったこれらを、上手に時間を活用しながら
長く広く、続けていきたいと思っています。

梅雨も明けて、夏、本番。

秋の夜長にはまだ気が早いかもしれませんが、良かったら。
僕と一緒に、指折りの詩の世界、始めてみませんか?

前川企画印刷で編集・印刷を担当しております「川柳ふあうすと」無料贈呈いたします。
興味があれば、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

美味しそう。

もとい、可愛い。

no image

新しい水の中で、魚たちが泳ぐように。

朝、起きてすぐに熱帯魚の水槽の水を換えてあげました。 水質が安定している間は、1~2週間に1度、半分程度の水量を交換してあげるだけでいいのですが、時々は念入りに。 水を換えてあげた日は、魚たちも気持ち …

no image

バカになって腹の底から笑う。

912SHに機種変をしようかと問い合わせると、その料金、二人で約10万円!たかっ。 小さい機械の中に、電話、ネット、カメラ、テレビ…。 いろーんな技術が集約されていて、その値段は、きっと「相応」なもん …

no image

朝の音が聞こえるまで。

関西独立リーグのゴタゴタが続く。 練習時間を短縮して、各選手がファン獲得運動をしてはどうか、なんて馬鹿げた提案をするオーナーがいるようでは、先は厳しい。 今後、現実的にリーグが存続することも、支持され …

明石の海にて。

ひとやすみ。 今からいかなご買いに行ってきます。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly