川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

こんな口癖の経営者にはなりたくない・・・ と、決めた日の憂鬱。

投稿日:

組織をどうしていくか、組織として目的を達成していくためにどうするか、という
議論をしているとき、同じ経営者でも「創業者」の方と「二代目」の方では、語尾に
微妙な違いがある。

二代目の方は、人をつかって「やらせる・やらせたらいい」という言い方をする人が
多いのに対して、創業者の方は決まって「人の動く仕組みを作ろう」という言い方をする。

 「そういう役割なんだから、やらせればいい」
 「ノルマで縛って、管理したらいい」

数字だけを決めて、それで人が動くのならばこんなに簡単な会社経営はない。

色々な方のお仕事をお手伝いしていて思うのは「やらせる」経営者は論外で、
「自分が動きすぎる」経営者でもダメ。役割や仕組みを体系的に説明出来て、それを
浸透させる表現力を持っている経営者こそが、求心力のある会社経営を出来ている。

組織の上にいる人よりも、組織を外から俯瞰することの出来る力。

入り込んでしまってもダメだというのだから、やっぱり、組織というものは難しい。

自分は、と、いえば。

一つ一つの仕事が、誰のどんな未来に繋がるかというストーリーを説明しながら
仕事の振り分けをしているつもりではあるけれど、最近、これが丁寧に、浸透するレベルまで
確認出来ているかというと定かではない。

もっと向き合う時間を増やしてみるか、と思い立つとき、メンバーたちが鬱陶しそうにする
顔を思い浮かべてしまうのだから、組織としてはまだまだなんだろうな、きっと。嗚呼。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

「プレミアムフライデー」が始まる。

仕事を早く終えてもらって、その分、遊興費としてお金を使ってもらいたい、回してもらいたいという施策。趣旨を考えれば、お金に余裕のある人たちが早く職場を出られるようになればいいということだろう。単純に、多 …

no image

営業マンはロックミュージシャン。

はじめましての営業マン。 よーく話を聞いてみると、ロックミュージシャンもやっているらしく、TシャツGパン姿の写真入り名刺も”こっそり”置いていってくれた。今度来るときは、自分の …

モアイ像。

うむ、うむ。

目的地はどこ? 辿り着きたいのはいつ? 守りたいのは誰?

ずっと泳いでばかりもいられない、かといって、休んでばかりでも置いていかれてしまう。目的地はどこで、辿り着きたいのはいつなのか、ゴールの瞬間には誰といたいのか。「こんな風になりたい」だけでは叶わない。 …

空と海を分ける線のように。

加古川に来ています。 レガッタたちの汗と水しぶき。去りゆく夏、けれど、太陽は負けじと。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly