川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

こんな口癖の経営者にはなりたくない・・・ と、決めた日の憂鬱。

投稿日:

組織をどうしていくか、組織として目的を達成していくためにどうするか、という
議論をしているとき、同じ経営者でも「創業者」の方と「二代目」の方では、語尾に
微妙な違いがある。

二代目の方は、人をつかって「やらせる・やらせたらいい」という言い方をする人が
多いのに対して、創業者の方は決まって「人の動く仕組みを作ろう」という言い方をする。

 「そういう役割なんだから、やらせればいい」
 「ノルマで縛って、管理したらいい」

数字だけを決めて、それで人が動くのならばこんなに簡単な会社経営はない。

色々な方のお仕事をお手伝いしていて思うのは「やらせる」経営者は論外で、
「自分が動きすぎる」経営者でもダメ。役割や仕組みを体系的に説明出来て、それを
浸透させる表現力を持っている経営者こそが、求心力のある会社経営を出来ている。

組織の上にいる人よりも、組織を外から俯瞰することの出来る力。

入り込んでしまってもダメだというのだから、やっぱり、組織というものは難しい。

自分は、と、いえば。

一つ一つの仕事が、誰のどんな未来に繋がるかというストーリーを説明しながら
仕事の振り分けをしているつもりではあるけれど、最近、これが丁寧に、浸透するレベルまで
確認出来ているかというと定かではない。

もっと向き合う時間を増やしてみるか、と思い立つとき、メンバーたちが鬱陶しそうにする
顔を思い浮かべてしまうのだから、組織としてはまだまだなんだろうな、きっと。嗚呼。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

コリドラスの赤ちゃん。

3号水槽に隔離しておいたコリドラスの卵。 さきほど、無事誕生。 元気に泳いでます。

no image

命は温度をもって、僕のそばにいてくれる。

手術、無事成功。 あーちゃん、元気。 そして僕は、とびきりの玩具を買って貰ったときのように、ご機嫌。 存在、生きていること、当たり前であること。 それが、人を、僕を、こんなにも幸せな気持ちにしてくれる …

魚にもある寝起き、うちのコリドラス。

真っ暗な部屋に帰宅。明かりをつけた直後の水槽では、まだ魚たちも寝ぼけ顔。 こんな風に全身の体色が薄くなっています。 しばらくしてエサをあげると、元気にパクついてきて。 そうしてしばし、僕は一日の疲れを …

今日は大阪府堺市まで。

チンチン電車が走り抜ける町。 一年ぶりに会うお客さんの所に向かっています(少し迷いつつ)。

no image

誰かの心に留まるということは、価値になるということ ~フカをキョンする、ゼロをイチにする発想

「フカをキョンしたい」というフレーズを知った、セミたちの合唱の空で。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年7月26日 「フカをキョンしたい」という言葉をネット上で見つ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly