川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

誰が笑えば、僕は笑うか。

投稿日:

とある経営者団体の会員向けのアンケート。

回答する会社の顔ぶれがいつも同じで、また、集まる回答数が分母の半分にも満たない
場合、はたして、そのアンケートの結果や分析にどんな意味があるのだろうという
白々しい気持ちで、いつも、回答したりしなかったりしている。

どこかの大学の先生の、飯のネタになってるだけじゃないのかなぁ。

極論すれば「アンケートに答える余裕のある社長さんたちの回答結果」であるわけで、
実情を反映したものであるとも思えず、送られてくる分析集はすぐに捨ててしまうし、
その先生の話について興味を覚えたことはただの一度もない。

これに費やす時間がもったいない・・・ って、思える経営者の方が、少なくとも自分が従業員の
立場ならリスペクト出来るけど、考え方、歪みすぎてるんだろうか。

それぞれの費やす時間が「自社にどういうメリットをもたらすか」というところを、
わかりやすい言葉で説明出来なければ、協力は得られない。

みんな、自分たちの足元で必死。会社を守るための、従業員を守るための。

経営者団体のための経営者、なのではなく。
自社を良くするための経営者団体、なのであるから。

「ターゲット」と「ターゲットの利」が何であるかを見定めることは、本当に重要。

これ、だから、つまり。

うちの会社でも言い続けていて、事業構築をお手伝いしているお客様に対しても、
いつも主張し続けていることでもある。

5W1Hの考え方は、プランを構築していく中のあらゆるステージで必要なものだけれど、
「To whom(誰に)」の視点が意識出来ていれば、あとのパズルは、勝手に動き出すような
ものであるようにも思う。

自分が動いてみたい、自分が貢献してみたい「誰か」は誰?

その笑顔の先に、自分たちが生きていけること。
それが、幸せや存在意義といった、シンプルな言葉に繋がるのではないだろうか。

「誰か」の顔を浮き上がらせる作業。

時間を費やす価値のある、大切なステップですね。
何度でも見つめ直す必要のある、原点ですね。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

ふあうすと川柳社80周年記念大会。

今日は大会。印刷で貢献しているからと、感謝状をいただきました。有り難いことです。 さて、ここからは一柳人としての参加。 句は選んでもらえますでしょうか。

「まつ」ばかりじゃ痛くて、ここからは。

ぼーっとしてると、刺される。「まつ」ばかりでは。 イタタ。 毎日を仕切り直して、自分を腐らせないようにしていく。しんどいことが続いても、過ぎれば、いつも強くなってこられた。今はきっと、ホンノヒトトキ。 …

no image

想。

家族の形は変わっても、家族の距離はもっと強くなるね。 一年を思う。生きてくれたことを思う。 生きてくれていることを感じる。 繋がる場所に、逢えて、良かった。 いまも、これからも。

no image

川柳を通じて、広がり、得るもの。

小僧さん、はじめまして。 コメント欄で、お褒めいただきありがとうございました。身に余る光栄です。 川柳は、短くも、その中に人の心を投影する不思議な魅力を持っていますね。いまは、共感する句に出会えたり、 …

合格証書、届く。

FP技能検定3級。かえって難しいだろうと言うくらい、午前も午後も合格最低点。 でも、合格は合格なのです。嬉。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly