川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

町の中を生きて、商売人。

投稿日:

経営者たるを論じる人は看板の明かりを消すのだろう。
商売人の何たるを知る人は看板の明かりは絶やさないだろう。

節電の町を抜けながら、それを思った。

僕は、町を生きて商売人。
考え方は色々あるのだろうが、耳触りのいい言葉で環境や電力を語るのではなく、
消さない在り方を芯に据えて、貫いていきたい。

節電と一緒に活気までが失われては、ならない。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

円安でひと稼ぎ。

うまく波に乗れた…。久々にゾクゾクする動き方したなぁ。

社会保険料納入通知書。

毎月、必ず破いてしまいます。いつになったら上手に開けられる?29才。

no image

自分のための汗ではないことを知った男、ロボットとの違いに気付いた女。

誰をどうすることが、幸せなんだろう。 問い続けて、毎日を隠さない。買ったばかりのグローブを、手に馴染むまで、何度もほぐし続ける。 球拾いだって、きっと喜んでするだろう。送りバンドだって、着実にこなす。 …

春旬祭あかし元気市。

ぶらりと訪ねてみました。 それにしても地元なのに、まるで昔の友達と会わない。 悲しいなぁ。

no image

ロボットではない、人という温度の集う場所に。

店舗前を行き交う人たちに呼び込みをするためには、  ・特徴的なフレーズ(キャッチ・価格)で ・限定的な要素を加えて ・短く簡潔に 伝える必要がある。 父は商店街で商売をしていて、東西からやってくる人た …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly