川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

日本で一番大切にされている社長。

投稿日:

9月16日で、35才になりました。

いろんな方に祝福していただきました。
その一言ひとことに「ありがとう」という言葉を添えて返事をしてみました。

生かされていること、支えられていること。
与えられていること、見守られていること。

年齢を重ねるにつれて、誕生日とは、その感謝を伝える日なのではないかと思うようになりました。

人と関わることのできる毎日が、感動です。
生まれてきて良かった。

ほんとうに、ありがとうございます。

夜、20時を過ぎたころになって。
社内で、突然のクラッカー。

うちのメンバーと、その家族や彼女さんがみんな揃って、サプライズパーティーを始めてくれました。

そういうことを企画してくれていることに気付いていなかったので、
とても驚きました。嬉しかった。

自分みたいな人間がリーダーでいいんだろうかって、いつも苦しんでいました。

震災があったり、たくさんの時間とお金を費やして迎え入れたメンバーに早々に裏切られたり、
経営者仲間からの酷い誹謗中傷に苦しんだり、なかなか結果が伴わなかったり・・・。

特に今年は追い討ちをかけるように、色々なことがあって、正直ずっと、しんどかった。

だから。
こうやって、いいメンバーがいてくれて、いい会社だなぁと思える時間をプレゼントしてくれたことは、
自分にとって、とても大きな癒しになりました。

みんな、本当にありがとう。

強がってみせていても、いつもそれは、本当は弱い自分を振り払うだけのポーズ。

喜怒哀楽の様々な感情に揺れて、攻撃したくなることがないわけでもないし、
蒼い息をこぼしたくなることだって、日常茶飯事です。

どれだけ覚悟を決めていても、どれだけ本気でやっていても、この立場は、それで当たり前。

だけど、そんな緊張の中に身を置いているからこそ、
いろんな演出に、心震える感動を覚えられる心を育ててもらっているのだと思います。

34年間のこれまで以上に
35才からのこれからを、もっともっと、真剣に生きていきたくて。

キミの聞かせてくれた声に、心から、ありがとうを贈りたくて、記します。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

鳥インフルエンザを食らう

週末。 最近見つけた、近所のくしかつ&焼き鳥屋でご機嫌な時間。焼いてありゃー大丈夫だろうという強気な姿勢で。 「子供が修学旅行で京都に行くのだが大丈夫か?」 そう問い合わせている親もいるらしい。そこま …

no image

きっと君は、とても悔しかったね。

「蒸れない手首用のサポーターはありませんか?」 蒸れないように、マメに交換することをオススメします。 「わかりました、ありがとうございます」 ― 彼の無念を、僕は戦友の顔で承知した。

花火が始まった。

あの日の事故以来、久々の花火です。

katakori

肩こりを薬では解消できなかった僕にピップマグネループはやっぱり効果絶大だという話

「ピップマグネループ 効果」というキーワードで検索すると、以前に書いたピップマグネループの効果 ~磁石の力は物書きやブロガーの肩凝りに効くのか?という記事が上位で表示されるようになっている。おかげで、 …

no image

知識も大事、ただ、知識よりは物語が大切

溺れている人は助かろうと手足をばたばたさせる。それが一生懸命であるということ、本気であるということ。その必死さに周囲は手を差し伸べるのであって、悠々と水面に浮かぶ人間に救いの手が伸びるわけもない。人に …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly