川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

日本で一番大切にされている社長。

投稿日:

9月16日で、35才になりました。

いろんな方に祝福していただきました。
その一言ひとことに「ありがとう」という言葉を添えて返事をしてみました。

生かされていること、支えられていること。
与えられていること、見守られていること。

年齢を重ねるにつれて、誕生日とは、その感謝を伝える日なのではないかと思うようになりました。

人と関わることのできる毎日が、感動です。
生まれてきて良かった。

ほんとうに、ありがとうございます。

夜、20時を過ぎたころになって。
社内で、突然のクラッカー。

うちのメンバーと、その家族や彼女さんがみんな揃って、サプライズパーティーを始めてくれました。

そういうことを企画してくれていることに気付いていなかったので、
とても驚きました。嬉しかった。

自分みたいな人間がリーダーでいいんだろうかって、いつも苦しんでいました。

震災があったり、たくさんの時間とお金を費やして迎え入れたメンバーに早々に裏切られたり、
経営者仲間からの酷い誹謗中傷に苦しんだり、なかなか結果が伴わなかったり・・・。

特に今年は追い討ちをかけるように、色々なことがあって、正直ずっと、しんどかった。

だから。
こうやって、いいメンバーがいてくれて、いい会社だなぁと思える時間をプレゼントしてくれたことは、
自分にとって、とても大きな癒しになりました。

みんな、本当にありがとう。

強がってみせていても、いつもそれは、本当は弱い自分を振り払うだけのポーズ。

喜怒哀楽の様々な感情に揺れて、攻撃したくなることがないわけでもないし、
蒼い息をこぼしたくなることだって、日常茶飯事です。

どれだけ覚悟を決めていても、どれだけ本気でやっていても、この立場は、それで当たり前。

だけど、そんな緊張の中に身を置いているからこそ、
いろんな演出に、心震える感動を覚えられる心を育ててもらっているのだと思います。

34年間のこれまで以上に
35才からのこれからを、もっともっと、真剣に生きていきたくて。

キミの聞かせてくれた声に、心から、ありがとうを贈りたくて、記します。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

ある日を境に、きみは檻の向こうへと行ってしまう命だった。

ただ捨てられる命 犬・猫、殺処分を公開 松山の施設 当時、中学生だった僕の家の近所にはたくさんの野良犬たちが住んでいて。そのうちの一匹を、夜の間だけ、家に泊まらせてあげていた。 ある日、保健所の車に、 …

no image

200億円貰える方法。

「放射性廃棄物の捨て場所を見つけてくれたら」 しかも何百トンもの。そりゃ、そんだけのお金は貰えるんでしょう。 でも、間違いなく捕まっちゃうね。

四丁目。

明石から姫路まで自分の足で走り抜いてみた、見えたものがあった。

これを達成出来たら、今年の正月に立てた目標は全部実現したことになるんだけどな。 とりあえず出発してみよう。 11/20、AM3:00、明石を出発。 今年まだ達成出来ていなかった目標の、最後の一つを片付 …

no image

イレッサに反対する国会議員。

前衆議院議員で、今度の選挙にも出馬するIさんを見かけた。 Iさんは、隣の高校の出身。 Iさんも自分もそれぞれ同窓会の役員をしている関係で御挨拶をさせていただく程度のお付き合いは以前からあった。 自分の …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly