川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

僕の背中は自分が思うより正直かい。

投稿日:

「役割だから、責任をもってやれよ」
っていうのはつまり、おかんの「あんた早く宿題やんなさいよ」にも似ているわけで。

人心の掌握に長けたリーダーだと、
「こっちの仕事が早く終わりそうだから、手伝うよ」
と伝えて、結果、エンドを意識した行動に人を仕向けている。

命令で、人を動かすのか、
背中で、人が動くようになるのか。

雰囲気とは、そう、醸し出されてくるものなのだと思うことしきり。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

盗まれた障害者手帳。

父親がカバンを盗まれたらしい。 何が入っていたのか詳細までは聞いていないが、困るのは身体障害者手帳も一緒に盗まれてしまったということ。これがないかと何かと困るので、明日(金曜)役所に付き合ってくれない …

no image

「話があるんだけど」「怒られることですか?」「違うから」「でも」

月末のきりきりとした音から遠いところに馳せる。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016, 1月 24 胃の底に鈍い音がし始めて月末。何年も繰り返してきて、何年も繰り返して …

no image

三日目の爪/土に水に光に。

添うて花にすることが目的であるのは、去年も今年も変わらない。土に水に光となることを、一つ一つの行動にリミットを決めて取り組む。「こなす」と「つくる」の役割の違い、「残したい、伝えたい」想いある人たちに …

no image

秋の季語であるヒグラシは、夏の始まりからずっといるということ ~カタチのない音や匂いに

神戸市西区の如意寺で収録したヒグラシの鳴き声。 物悲しい鳴き声は秋の季語にもなっているが、神戸あたりでは、少し山間に行けば7月の初めくらいから聞くことができる。この動画は2016年7月23日に撮影した …

暗殺教室の殺せんせーに学ぶ、失敗というチャンスを与える人の伸ばし方

暗殺教室は、いま一番楽しみにしている漫画の一つ。 生徒に自らを暗殺させる方法を教える「殺せんせー」というタコに似た先生のキャラに惹かれるのは勿論、その授業内容にある人として大切な知恵や心の構え方が実生 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)