川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

中央銀行の発行する仮想通貨が流通し始めると、いまの仮想通貨の価値はどうなるか予測してみた

投稿日:2018年2月7日 更新日:

仮想通貨について聞かれることが増えてきましたので書きます。

仮想通貨の可能性と問題は色々ありますが、ブロックチェーンの技術的な特徴については面白く、素晴らしいものだと僕は思っています。ただ、技術が優れているからといって、それで資産的価値があるのかどうかというと別問題。

価額が乱高下しているうちは、通貨として使われる可能性は低く、単なる投機です。また、銀行の発行したお金であれば、そのお金と対になるものには不動産や株式といった資産に相当するものがありますが、仮想通貨の場合は欲しい人と生み出す人がいるだけの関係であって「対価」となるものがありません。期待と失望だけで上がり下がりが大きいというのは、まさに、需給のみにおいてやりとりが行われているということです。

すでに国によっては仮想通貨の取引を制限するところもあり、今後は、中央銀行が発行する仮想通貨が流通するようになるのではないでしょうか。つまり「資産」を裏付けとした仮想通貨、信用に足る通貨が一般に浸透するというのが僕の予測。そのときには、現在流通している仮想通貨たちの価値は限りなくゼロに近づいていくという風に考えています。

国にとってみれば、仮想通貨の「流通の経路がわかる」というのは何よりのメリット。マイナンバー制度によって、いわゆるお金の移動を把握して課税をちゃんとしていきたいという目論見が崩れつつある今、この通貨革命ともいえる仮想通貨の技術は「ネクストマイナンバー制度」として使いたいところなのではないでしょうか。ただしもちろん、これは、改ざんやマネーロンダリングの可能性を完全に絶ってからでなければ実現しませんが。

仮想通貨をマイニングすることで収益を上げている人がいますが、この作業に対する報酬も数年に一度減らされることが決まっています。また、マイニングされる上限が決まっているということは、仮想通貨の優れた特長を担っていく専門家たちが離れていく(=仮想通貨の高速性などの信用性が失われていく)ことにもつながるのではないかと思いますが、あくまでもこれらはすべて、僕の予測です。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

今日から吸入薬。

喘息の弟が使ってるのはよく見ていましたが、自分が使うのは生まれて初めて。 今日からしばらく、吸入薬を使っていきます。 最近咳が止まらなかったので、調べて貰ったら、アレルギー反応による症状と思われるとの …

神戸市立小磯記念美術館。

絵を見てもよくわかりませんが、絵に添えられた「解説」が言葉の勉強になります。初見学、いってきます。

no image

ふるさと納税と14,276日目の想いと

自分が生まれた1976年9月16日から数えると、2015年10月17日は14,276日目になるらしい。 今日は何日目? これまでの人生で最良の日、最悪の日。そこから下って何日目なんだろう、底に触れてか …

no image

きっと君は、とても悔しかったね。

「蒸れない手首用のサポーターはありませんか?」 蒸れないように、マメに交換することをオススメします。 「わかりました、ありがとうございます」 ― 彼の無念を、僕は戦友の顔で承知した。

鹿児島到着、食わねば。

桜島SAにて。 飛行機での吐き気を退治するさつま揚げ。んまっ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)