川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

商売に想像力を費やすということ ~ゴールはお客様が買う場面ではなく、買った後の余韻の場面に設定する

投稿日:2018年2月4日 更新日:

経営者は良くも悪くも数字で判断されるものです。

shop

ただ、その数字という結果に至るまでには、どれだけの「ありがとう」を集められるかが大切だと思うのです。「ありがとう」を集めるための姿勢、戦略、ブランディング、マーケティング。言い方は色々かもしれませんが、瞬間最大風速としての数字を高めるのではなく、本当の意味での「なくてはならない」会社やお店になるためには、物語はとても重要です。

購入後の余韻があるからこそ、お客様はこのお店の存在を他に伝えたいと思うのだろうし、また訪れたいと思ってくれるのだろう。つまり「売る」が始まる前の段取りは、もう、「買う」を終えたお客様の余韻のために行われているということだ。商売は感動に繋がるまでの物語、人の心に届かなければリピートはあり得ない。

引用元:心あるマーケティングとは ~「面白いお店だね」に始まって「ありがとう」までもらえるお店 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

僕の口癖は「仕事の9割は段取り」という言葉。ひとつひとつの仕事にどれだけの準備ができているか。そして準備とは「想像力」のことです。様々な仮説を立てて、どうすればお客さんが喜んでくれるのかというゴールを設定する。そして、そのゴールから逆算して取り組むべきステップを明らかにしていきます。

また、ゴールはお客さんがお金を払ってくれたところに設定しません。お金を払って僕たちのサービスを利用してくださった後、あの会社に頼んで良かったと思ってもらえる余韻をゴールにします。カタチには見えにくい部分です。でもだからこそ、そうやって、見えない部分に心を繋ごうとする従業員の姿勢と取り組みは高く評価する経営者でありたいと思っています。数字だけを見て評価するのならば、経営なんて、誰にでも出来る簡単なことです。

何をどう売り上げたのか、ということよりも、どんな会話をしてきたのか。

そういうことを聞いてやりたいなぁと思います。
コミュニケーションは大切。メールなどのデジタルだけでやりとりを済ませようとすると僕は叱ります。余韻はいつもアナログから生まれます。僕はそう、信じています。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

prideには「誇り」の意味もあれば「思い上がり、うぬぼれ」の意味もある

結果を出している人に憧れて、継続を始めて、結果を出している人の10分の1の努力もしないあたりで、「あれにはなんの効果もなかった」という人は、これまでもこれからも何度も「なんの意味もなかった」を繰り返す …

no image

社長として会社に留まり続けるかどうかは年明けの1月末までに判断することにした

週間天気予報の未来に冬の予感が待っている。 毎朝ジョギングをするときの僕は、11月も下旬になった今でも猛暑日の頃と同じ恰好で、さて、どうしたもんだろうと思案する。きっとこのままでもいけるのだけれど、世 …

no image

外食は身体に良くないと言い聞かされた子どもの心はどんな風になるのだろう

外食だから健康に良くないとか買ったお惣菜で家族に申し訳ないとか、一義的には正論なのかもしれないけれど、その商売に携わるご本人とご家族を他を傷つけるという意味では公言するべきことだとは思っていない。 お …

no image

経営者を楽しむためには ~ ケーキから学ぶこと。

金曜日、兵庫県中小企業家同友会の西神戸支部例会に参加してきました。 報告は『経営者を楽しむためには!?』で、お話はレーブドゥシェフ社長の佐野さん(佐野シェフblog)から。 卑屈になりすぎず、天狗にな …

no image

眠くならない会議、熟成されていく言葉

今日は三宮のセンタープラザの会議室。ここも初めての場所で、辿り着くまで緊張した。ジュンク堂に寄って詩集を購入。心の仕入れ、大切な時間。 pic.twitter.com/CBCTzeWnY3 &mdas …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)