川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

商売に想像力を費やすということ ~ゴールはお客様が買う場面ではなく、買った後の余韻の場面に設定する

投稿日:2018年2月4日 更新日:

経営者は良くも悪くも数字で判断されるものです。

shop

ただ、その数字という結果に至るまでには、どれだけの「ありがとう」を集められるかが大切だと思うのです。「ありがとう」を集めるための姿勢、戦略、ブランディング、マーケティング。言い方は色々かもしれませんが、瞬間最大風速としての数字を高めるのではなく、本当の意味での「なくてはならない」会社やお店になるためには、物語はとても重要です。

購入後の余韻があるからこそ、お客様はこのお店の存在を他に伝えたいと思うのだろうし、また訪れたいと思ってくれるのだろう。つまり「売る」が始まる前の段取りは、もう、「買う」を終えたお客様の余韻のために行われているということだ。商売は感動に繋がるまでの物語、人の心に届かなければリピートはあり得ない。

引用元:心あるマーケティングとは ~「面白いお店だね」に始まって「ありがとう」までもらえるお店 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

僕の口癖は「仕事の9割は段取り」という言葉。ひとつひとつの仕事にどれだけの準備ができているか。そして準備とは「想像力」のことです。様々な仮説を立てて、どうすればお客さんが喜んでくれるのかというゴールを設定する。そして、そのゴールから逆算して取り組むべきステップを明らかにしていきます。

また、ゴールはお客さんがお金を払ってくれたところに設定しません。お金を払って僕たちのサービスを利用してくださった後、あの会社に頼んで良かったと思ってもらえる余韻をゴールにします。カタチには見えにくい部分です。でもだからこそ、そうやって、見えない部分に心を繋ごうとする従業員の姿勢と取り組みは高く評価する経営者でありたいと思っています。数字だけを見て評価するのならば、経営なんて、誰にでも出来る簡単なことです。

何をどう売り上げたのか、ということよりも、どんな会話をしてきたのか。

そういうことを聞いてやりたいなぁと思います。
コミュニケーションは大切。メールなどのデジタルだけでやりとりを済ませようとすると僕は叱ります。余韻はいつもアナログから生まれます。僕はそう、信じています。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

水の流れてくる場所に心を置いて、耳を傾けて

ライティングの締切と月末の事務処理が重なってバタバタ。そうだった、4月の平日は早く終わるのだった。それでも、todoが積み上がると、片付けなければならないという意識が強く働いて、同じことを終えるまでの …

no image

相手から何を得るのか、ではなく、相手に何を与えられるのか ~循環は、はじまりの一点から

「こんな風に真剣になっている横顔を撮影してあげたいな」とか「この笑顔を写真にしてあげると喜ばれるんじゃないかな」だとか。あるいは「この素敵な人柄を、こんな文章で紹介してみせよう」なんかも。 自分の表現 …

商売は相手の高さに膝をつかなければ 〜ライティングだけではなく撮影のご依頼が増えてきたことについて

大阪、難波、通天閣周辺での撮影取材。 最近は文章だけではなく、撮影も一緒に頼まれる機会が増えた。曰く、格好良い写真や動画を頼める人は多いらしいが、等身大や面白おかしく演出を依頼できる人は少ないそうだ。 …

no image

「リスクとリターンの考え方 ~副作用を肯定する」「羨んだり妬んだりの場所にいる僕のまだまだ」

つれづれにメモしていたこと ▼ 投資を十何年とやり続けてきて自分の経験値になったのがリスクとリターンの考え方だ。リターンにはリスクが伴う。したがって僕は「副作用のない何か」というものよりは「副作用はあ …

台風接近の中を出社する人を「ブラック企業」と嘲笑う風潮と責任感について

「台風の近づくなかを出勤する日本人はどうかしてる」「そんな会社はブラックだ」という言葉に頷くためには、僕は嵐のなか、たとえば電気が使えなくなったり水道が使えなくなったりすることも許容しなければならない …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)