川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

ブログ論 業務日記

ブログを育てていくということ、ブログは資産になるということ ~選ばれるための差別化に必要なこと

投稿日:2018年1月6日 更新日:

三が日が終わって1月の4日や5日頃になると、コトバノで書いた関西と関東で違う松の内のアクセスが急増します。

寒中見舞いを送る時期についても書いているので、年賀状をもらったけれど出しそびれてしまった人たちからもよく読まれているようです。どの時期にどんな記事が読まれるのか(読まれるようになるのか)、その背景と心理を想像しているのは楽しいですね。

年が明けて、コトバノでは抱負と目標という言葉の意味の違いと使い分けについて記事を書きました。

これは「抱負 目標 違い」という検索で上位に表示されるようになれば良いな、と思って書いたものですが、思いがけず「抱負」という言葉だけでGoogleの上位(2~3番目)で表示されるようになっています。

「抱負」という言葉が検索されやすい時期ですし、更新した次の日にはこんな風に上位に表示されたおかげで、たくさんの方に読んでいただいています。有り難いことですね。

Googleに評価されるようになるためには

・日記と情報の違いを意識すること
・検索画面の前にいる人のwantを想像すること(want,want to know,want to buy…)
・継続すること

このあたりは本当に大切なことです。しかし、実際にそれをどんな風にやっていけば良いのかわからず、そしてついつい三日坊主になってしまうという方もたくさんいらっしゃいます。

前川企画印刷では伝わる喜びを想像し伝えるチカラを創造するを経営指針とし、ブログでの発信をサポートする業務、コンサルティングを行っています。書くという「投資」がどんな風に「リターン」となるのか。伝え続けることのみがブランディングで、選ばれるための差別化に絶対に必要なことだ、という強い信念をお持ちの方にはお役に立てるのではないかと考えていますので、「伝える」「伝わる」というキーワードに思い当たることがあれば思い出していただけると幸いです。

「本気の覚悟」なんて、軽々しく口にして何もしないくらいならば、僕はただ、自分との約束を守るために伝えることを継続していきます。Googleに愛される生き方を継続して、情報を必要とする人に与え続けること。2018年も淡々と、それを実践していきます。

Google

Google

-ブログ論, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

本気の悔し涙を流せたことが、僕の仕事の誇りなのだと思った

11年目の新しい期が始まったその初日にトラブルがあった。 テキストもテキストを飾るデザインも、一体となってメッセージ。不本意に削られたり手を加えられたりしたものは、真意から遠ざかる。真意ではないものに …

[動画]ブタさんの甘え方に学ぶ「わからないことをわからないと言える人」の強み

ブタさんの「くれくれ」動画。 口の動き方に愛嬌があって、思わずこちらも緩んでしまう。笑顔だったり頼み方だったり、心にすっと入ってくる術を持っている人(動物)は魅力的だ。 起業の相談を受けることが多い。 …

no image

2行で伝える季節と景色。

雨で蒸して、太陽には焦がされる。暑い毎日が続いていて、気持ちのいい風が待ち遠しいところ。 今年もそろそろかな、と思っていたら、「ぼちぼち」でした。 暑中見舞いの制作のご依頼。 大阪のある料理店様から。 …

no image

商売繁盛をさせたい川柳家、コピーライター、社長業。

本日アップした、ふあうすと2007年6月号に掲載して貰った川柳と、8月号で掲載して貰う予定の川柳は、少しだけ意識して、「心の領域を違う角度から表現する」ということに挑戦してみました。 文芸を趣味とする …

no image

行動をともにした人間にだけ共感は生まれる

吐きかけられてもいない唾を「かけられた」と言えば、相手を攻撃できてしまう世の中。「かけられたんだね」と被害者を信じるのか、「あの人がそんなことをするわけがない」と相手を信じるのか。踏み絵のような毎日を …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)