川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

一流でありたいという意識が、誰かを蔑む価値観になってしまってはいけないということ

投稿日:2018年2月3日 更新日:

かつてホテルの従業員だったり、飛行機の客室乗務員だった方が「一流はこんな風な立ち振る舞いをする」という話を教えてくださることがあります。

なるほど、だから初対面の印象はとても大切なんだ。せめて一流の箱であることをまず意識して、次第にその中身を埋めていけるようであろうという示唆に富んだ内容だとは思うのですが、僕はこれを、自分を戒めるためだけの知識として留めておきたいのです。どういうことか。

・チェックアウトのときは、部屋を片付けて出ていこう
・チェックアウトのときに、部屋を片付けない人は一流ではない

この違い、前者は自分の意識の問題ですが、後者では他人を蔑む評価の言葉になってしまっています。

そもそも、一流や二流という言葉自体の使い方も慎重にならなければなりませんが、僕たちはこうして、何かの知識を得たときに、結果として、誰かを蔑む価値観を植え付けられてしまうことがあります。上を見て上を目指していたはずが、いつのまにか、あいつよりは自分の方が優れているからマシだという意識になってしまっているということですね。

ひとはひと、自分は自分。

比べると奢りが生まれてしまいます。だったら僕のように、もうこれより下のない三流でいようと考えるのも極端かもしれませんが、それで食えていけるのなら楽ですよ、この生き方も。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ブログを仕事に生かすということ、ブログを継続するということ

久々にコトバノを二日連続で更新した。 「下さい」と「ください」の意味の違いと使い分け ~英語にすると区別しやすい! | コトバノ 「お名前を頂戴する」という誤った敬語を使っていませんか? ~「頂戴」と …

no image

一緒にランチしながら過ごしたい、そんな人間に。

商売人の息子なのに、商売人として弱いなぁと思う自分の悪いところに、能力や情報といった、自分から発せられる何かに対して、その対価をつけることに戸惑ってしまうことです。 また、100円で仕入れたものに対し …

新開地駅の立ち食いそば屋さん「高速そば」に学ぶ、教科書にないデザインと商売のこと

うちの会社の最寄り駅は阪神と阪急と神鉄、そして山陽電車が相乗りをしている新開地駅。この駅構内にある「高速そば」という立ち食いそばのお店で、スタミナうどんにコロッケを載せて食べるのは僕のお気に入りだ。 …

no image

情熱を絶やさぬ、夢を声に出して。

とてもとても大きな企業ならばまだともかく。 うちのような小さな会社で、社長だからとか、社員だからとか、そんなことで、生活の質が大きく変わるのはどうかと思うのです。 だから、働いている人が、生活のことで …

no image

上から目線になってしまえば誰も寄り付かなくなる ~会うことのできない人ばかりが増えて

知識を売る仕事だから舐められてはいけないと、必要以上に「上から」目線になってしまえば誰も寄り付かなくなってしまう。 肩書きや環境は人を育むけれど、勘違いさせてしまうこともある。「思い上がるな」という言 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)