川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

商売をする僕たちが「断捨離」という言葉を使ってしまうことのデメリット

投稿日:2018年2月2日 更新日:

圧死するのなら、本の山に埋もれていくパターンを選びます(ほかにどんなパターンがあるのかは知りませんが)。

本棚のある景色がとても好きです。その人の本棚を見せてもらえると、これまで、どんな人生を歩んできたのか、どんなものに影響を受けてきたのか、色々と想像をしてしまいます。無人島に10冊だけ本を持っていけるとしたら? そんな話をするのも楽しくて仕方ありません。自分のために本を選んでくださる人も大好きです。人のために本を選ぶのもたまりません。

ところで「断捨離」です。

いつか棚から溢れ出てしまう本をどうするのですか? と質問すると、処分をするという答えがかえってきます。当たり前なんですけどね。でも、本は、本としての一冊のかたちになるまで、手元に届くまで、書く人から贈る人までのすべての想いがこもっているものなので、やっぱり大切にとっておきたいなぁとも思うのです。そうしてほしいとも願うのです。

だから断捨離を公言している人には、どうしても本を贈ることを躊躇してしまいます。

最近、これは、本だけでも、そして「断捨離」という言葉だけでもないのかな、思い始めるようになりました。

消耗品を除いて「捨てられる」ためのものをつくっている人はいません。想いの熱量は違うかもしれませんが、それでも、ひとつひとつに魂が込められているのは間違いないでしょう。

だから、特に、私たち商売を営むものは、安易に「断捨離」という言葉を公言してはいけないのではないかと思います。それは誰かの魂を踏みにじっているのではないかと思うのです。ひとのつくるものを軽視する言葉を使ってしまうと、それは回り回って、自分の生み出す魂にも正当な価値を見出してもらえないことになるのではないでしょうか。

行動として断捨離をするのはいいと思うんですよ。でもね、それは黙ってやればいいんじゃないかな、と。捨てることを前提とした立場の人のところには、やっぱりどうしても、人も情報も物も集まってこないような気がします。考えすぎ、ですかね。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ブロガー名刺という商品を開発した狙い ~あえて期待値を下げる中小零細企業の広報戦略

7年乗った車とお別れしてきたことは先日書いた。 愛車と過ごした7年とお別れの一日と | 川柳をこよなく愛する明石のタコ 新しい車が届くまでの間、代車としてスズキのスイフトRSをお借りしている。展示用の …

no image

ヴィッセル神戸ファン必携の名刺を持つ長田の医者とは!?

田中先生にブロガー名刺を納品してきました。 高級感あると、お褒めいただいております。ありがとうございます。 ・【ヴィツセル神戸のブロガー名刺】(がんばれ!ヴィッセル神戸) 先生も、いま、サッカーの練習 …

no image

社員教育という言葉に抱く違和感

いい会社っていうのがどういうものなのか、経営者になって十年以上になるけれど、いまだによく分からない。でも、いい仲間っていうのは分かる。一番悲しいのは「仲間ならこうだろ?」という定義をしないといけない時 …

no image

写真の父も笑っている。笑ったままの父は、ずっと動かない

今夜、同友会をアピールする集まりで、報告と懇親会の司会をすることになっている。 「学び」と「気付き」と「刺激」という言葉は抽象的で人に響かない気がするのだけれど、自分だけがベラベラと喋っていて良い時間 …

no image

iPhoneアプリで伝わる喜び、写真集や絵本を創りたいクリエイターを応援する僕たちの姿勢

前川企画印刷の経営理念は「伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する」。 チラシであれ書籍であれ電子書籍であれiPhoneアプリであれ、これは誰に伝わると嬉しいだろう、これはどんな風に表現したら伝わ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)