川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

35才になったらやろうと決めていた、次なる事業です - コトバの必要な場面で。

投稿日:

新しく、ブログを立ち上げました。

コトバノ
表現力・質問力を高めることで、「会話の生まれる」人間性を磨くお手伝いをさせていただこう。
そして、より豊かな人と人との繋がりを実現していただきたい!

こんな趣旨で運営していく予定にしています。

自分自身を主体にしたとき、こちらのブログは「綴る」。
コトバノでは「伝える」ことを明確に区別していこうと思っています。

最近の自分の仕事は、印刷に関することだけではなく
「事業戦略の策定・相談」
「表現力の考案・提案(書くこと・取材すること)」
「モバイルとクラウドの活用に関するご案内」
と、「書く」ことを軸としながら、範囲に広がりを見せてきています。

一方で「なんでも屋」になってしまうことに懸念を抱きつつもあり、同じ仕事に取り組んでいて、
対価をいただく場合とそうではない場合があるときに、お金をお支払いいただいているお客様に対して
心苦しさを覚えるようにもなってきました。

「ちょっと、書いてくれないかな」
「コンピュータのこと、すこしだけ教えてほしいのだけれども」

これらの「ちょっと」にお応えするのはほんの少しの労力なのかもしれませんが、
知識と技術の研鑽には、たくさんのお金と時間がかかっていることもまた事実。

コトバノでは、皆さんのお役に立てるような情報を「伝え」ながら、前川企画印刷という会社の
ニシバタという存在に対して、対価という投資(≠コスト)をしていただけるようなブランディングを
行ってまいります。

なお。

「誰に」寄り添いたいという気持ちは、いつもいつまでも不変。
虚業家の講釈ではなく、実業家の実際というスタンスであることには変わりありませんので、
対価とは、あくまでも「気持ち程度のもの」とお考えください。

また、コトバノの運営には前川企画印刷メンバー以外にも参画してもらう予定で打ち合わせを
進めています。パーソナルブランディングから、事業の立ち上げ、起業後の広告戦略、知識や技術、
表現力の必要とされるありとあらゆる場面での「相談にのってもらえそうだな」という空気感を
纏っていくことを目指します。

将来的には、事業部から、別法人としての独立も視野に入れています。

それっぽい生き方をするのでなく、「これ」という生き方の中で見えてきたものを、
これからはアウトプットしていく。

35才になったらやろうと決めていた、次なる事業です。

コトバの必要とされるすべての場面で。
コトバノ

どうぞ、よろしくお付き合いくださいませ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

相手を敬う気持ちを忘れた批判はただの悪口

批判が人を育てるということはある。それでも、その批判は限度や節度、礼儀のあるものでなければならない。相手を敬う気持ちを忘れた批判はただの悪口。悪口は彼を彼女を追い詰め命を奪ってしまう可能性すらある。僕 …

神戸元町・旧居留地オリエンタルホテルからの夜景と。

神戸元町・旧居留地オリエンタルホテルからの夜景。 写真じゃわかりにくいかな。神戸、やっぱり夜景は最高に綺麗です。 震災の後、光が戻ってきた瞬間の感動を思い出しました。 光は、生きてこそ、命あればこそ。 …

no image

愛車キューブと松山千春と。

1件の訪問、事務所には6人の方が来社。 ひとの出入りが多いと、活気が感じられていい。噂の『湊川アップルクーヘン』も、大変美味しくいただいた。感謝。 アイデアマンと呼ばれたく、方々にアイデアをぶつけてみ …

川柳とW-ZERO3[es]。

電車待ちのホーム、締切間近の川柳。 耳は一青窈に任せて。指先は17文字を追い掛ける。 誰かに届く、気持ちのこもった句が出来ますように。

この海に和む僕と、この海に死んだ彼らと。

深夜、ホテルの大浴場で二度目の入浴。身体が冷めるまで、ベランダで波に耳を澄ませて。 同じ海で。 ほんの何十年か前に散っていった命がある。それを感じたくて訪れた知覧特攻平和会館。 海の音や夜の闇の深さは …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly