川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自分のための汗ではないことを知った男、ロボットとの違いに気付いた女。

投稿日:

誰をどうすることが、幸せなんだろう。

問い続けて、毎日を隠さない。
買ったばかりのグローブを、手に馴染むまで、何度もほぐし続ける。

球拾いだって、きっと喜んでするだろう。
送りバンドだって、着実にこなす。

相手の未来に合わせて、岩松さんの形は変化をしていく。
自分がこう、だから、相手にこう、ではなく。
相手のこう、に、自分はどう、と、守備位置を変えて。

自分のための汗ではないことを知った男は、強い。

http://blog.goo.ne.jp/gc_iwa/e/5bcf6498430653e9702683efba12ecae

お客さんに、同僚に、上司に、仲間に。
どんな伝え方をすれば、想いは響くのか、なかにしさんはいつも考えている。

そんな彼女がある日呟いたことが、とても印象的だった。

「マニュアルにないことばは、人を幸せにするんだね」

どれだけ便利になっても、ロボットは、決められたまんま。
ひとがひとである理由は、いつもそこに温度の添えられているから。

http://plaza.rakuten.co.jp/umeko4/diary/201111220000/

言葉、響いて、そしてまた、お客さんのお客さんに心がリレーされていくのだとしたら、
こんなに幸せなことはない。

つながって、ひろがって。

すこしずつ、よくなっていく。
輪のなかにある喜び。

劣化しない想いは、ずっと。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

男だって肌が白くなるトマトリコピンの美白効果

ミニトマト以上ふつうサイズ以下のトマトのことを何と呼ぶのかはわからないけれど、切ったり剥いたりといった作業を一切せずに、まんまを齧りついて朝を始動していくことにハマっている。トマトを齧ってトマトジュー …

LEGOトレイン。

Nゲージと並べて設置。 両方で遊んでしまう。捗らない…。

no image

相手を敬う気持ちを忘れた批判はただの悪口

批判が人を育てるということはある。それでも、その批判は限度や節度、礼儀のあるものでなければならない。相手を敬う気持ちを忘れた批判はただの悪口。悪口は彼を彼女を追い詰め命を奪ってしまう可能性すらある。僕 …

no image

ココでは治らないから

耳鼻科、聴力も含めて異常なし。やっぱりここでも心療内科の受診を勧められる。自律神経とかストレスとか、「考えすぎない」ように考えすぎてしまうから難しい。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@ …

no image

「明石ダコ」ピンチ、水温低下で大量死の恐れ

でも大丈夫。僕は死にませーん。 「明石ダコ」ピンチ、水温低下で大量死の恐れ 厳冬のため、兵庫県明石市の明石海峡の水温が下がり、寒さに弱いマダコへの影響が懸念されている。 毎年夏場を中心に約1000トン …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly