川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自分のための汗ではないことを知った男、ロボットとの違いに気付いた女。

投稿日:

誰をどうすることが、幸せなんだろう。

問い続けて、毎日を隠さない。
買ったばかりのグローブを、手に馴染むまで、何度もほぐし続ける。

球拾いだって、きっと喜んでするだろう。
送りバンドだって、着実にこなす。

相手の未来に合わせて、岩松さんの形は変化をしていく。
自分がこう、だから、相手にこう、ではなく。
相手のこう、に、自分はどう、と、守備位置を変えて。

自分のための汗ではないことを知った男は、強い。

http://blog.goo.ne.jp/gc_iwa/e/5bcf6498430653e9702683efba12ecae

お客さんに、同僚に、上司に、仲間に。
どんな伝え方をすれば、想いは響くのか、なかにしさんはいつも考えている。

そんな彼女がある日呟いたことが、とても印象的だった。

「マニュアルにないことばは、人を幸せにするんだね」

どれだけ便利になっても、ロボットは、決められたまんま。
ひとがひとである理由は、いつもそこに温度の添えられているから。

http://plaza.rakuten.co.jp/umeko4/diary/201111220000/

言葉、響いて、そしてまた、お客さんのお客さんに心がリレーされていくのだとしたら、
こんなに幸せなことはない。

つながって、ひろがって。

すこしずつ、よくなっていく。
輪のなかにある喜び。

劣化しない想いは、ずっと。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

規定量以上の正露丸を飲んでみよう。

金曜の午後から風邪。熱。 おまけに腹まで下しちまった。もしかして、オイラ今から出産するんじゃねぇか? ってくらいそれほど痛かったので、正露丸を、規定量以上飲んでみた。 そしたらあーた。 なんだかお腹の …

no image

喪主の前髪が大変なことになっています。

先日注文しておいた実家の表札を受け取りにホームセンター。ついでに、スイカの苗も購入。 クリーニング屋に立ち寄って、実家。 早速表札をつけて、犬と遊んで、花を眺めて。 父と話をして、それから、また、明石 …

no image

洒落た食器を売るお店に来て君は、どんな料理が並ぶのを想像して笑ったんだろう

朝までは元気だった人が、自ら命を閉じて、夕方。 警察の検視が終わって落ち着きを取り戻した場所に向かうと、何事もなかったかのように人々は行き交い、家路を急いでいる。残留思念のようなものを感じ取った気がし …

プリンどら。

上板限定だそうです。いただきます。

no image

壊れたように泣いた、何故。

分かれ道があって、二択。 選んだ先に宝箱があれば、正解なのだろう。けど、選ばなかった先の景色は、ずっと後ろ髪に結ばれてしまう。 恐れるよりも、行き止まりなら行き止まりを知りに行こうとする勇気を認めたい …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly