川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

自分のための汗ではないことを知った男、ロボットとの違いに気付いた女。

投稿日:

誰をどうすることが、幸せなんだろう。

問い続けて、毎日を隠さない。
買ったばかりのグローブを、手に馴染むまで、何度もほぐし続ける。

球拾いだって、きっと喜んでするだろう。
送りバンドだって、着実にこなす。

相手の未来に合わせて、岩松さんの形は変化をしていく。
自分がこう、だから、相手にこう、ではなく。
相手のこう、に、自分はどう、と、守備位置を変えて。

自分のための汗ではないことを知った男は、強い。

http://blog.goo.ne.jp/gc_iwa/e/5bcf6498430653e9702683efba12ecae

お客さんに、同僚に、上司に、仲間に。
どんな伝え方をすれば、想いは響くのか、なかにしさんはいつも考えている。

そんな彼女がある日呟いたことが、とても印象的だった。

「マニュアルにないことばは、人を幸せにするんだね」

どれだけ便利になっても、ロボットは、決められたまんま。
ひとがひとである理由は、いつもそこに温度の添えられているから。

http://plaza.rakuten.co.jp/umeko4/diary/201111220000/

言葉、響いて、そしてまた、お客さんのお客さんに心がリレーされていくのだとしたら、
こんなに幸せなことはない。

つながって、ひろがって。

すこしずつ、よくなっていく。
輪のなかにある喜び。

劣化しない想いは、ずっと。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

神戸ハーバーランド。

電飾された並木。 余談ですが、いま、『並木』という川柳の課題で苦しんでいます。

はや、忘年会の色をして。

激風邪モード。 喉の痛みと微熱に、ルルゴールドの大量摂取で乗り切ってみることにした。無理しなければこれで意外にいける。 晩はAブロック、Cブロックの合同忘年会に参加。 同友会のタモリこと、Iさんの名司 …

神戸の夜景。

100万$。

no image

無題。

乳ガンだそうです。    ごめんなさい、ちょっと、今、無理。

no image

甘いお菓子の夢は打ち砕かれて。

『相棒』。 この映画に限らず、最近、映画を見ていて感じることは、2時間や2時間半という限られた時間のなかで、伏線を敷いて、紐解くように結末に向かっていくのは、やっぱりいかにも、「しんどい」ように思えて …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly