川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】千年の未来へ 龍の起きあがる

投稿日:

土埃の匂い、ブルーシートの屋根、瓦礫の街を抜けて、大学受験に向かった阪神淡路大震災。

失った悲しみよりも、受験という緊張よりも、
触れてくれた優しさのひとつひとつが、今の僕を形成している。

神戸だからこそ、伝えることの出来る想い。行動に転化して、心に添う繋がりを示し続けなければ

千年に一度の涙が零れたのならば、2012年は、千年未来に残る希望の一年になる。

龍の昇る空に、これ以下はないのだと確信して。

千年の未来へ 龍の起きあがる

川柳「ふあうすと」 2012年2月号裏表紙掲載

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】死にたいと言い秋刀魚など焼いている   ばた

秋がやってきましたなぁ、今年も、今年も。 ===   【掲載】死にたいと言い秋刀魚など焼いている     ふあうすと2007年10月号    全人抄(谷口 幹男選)

no image

【川柳】割り切って値札をつけておく誠意   ばた

見返りを求めてはいけない、そう戒めている時点で、その行為は偽善なのかもしれない。 わかっちゃーいる、わかっちゃーいるが、気が付いて欲しい親切だってあるものだ。たった一言で救われることだってある。報われ …

no image

【川柳】転移した場所を静かに撫でていた   ばた

なぜ? を声に出すこともなく。静かに、祈りを込めて。 手のひらの「どうか」。 ココロからの「どうか」。 ===   【掲載】転移した場所を静かに撫でていた     ふあうすと2008年1月号    全 …

no image

【川柳】夕焼けの具材になって包まれる   ばた

一日の仕事を終える頃の西の空。 汗も、やれやれも。くたびれた顔も、やり終えた顔も。 夕焼けの一つになって、夕焼けに溶け込まれて。 ほっとした、景色の中にいるのです。 ===   【特選三】夕焼けの具材 …

no image

【川柳】タッパーの音 故郷は秋祭り   ばた

そこに置いてきたものがあります。 そこに飛ばしているものがあります。そこから飛んでくるものがあります。 僕は その線の温もりを 時々は思い出して 嬉しいような、罪悪感のような複雑な気持ちを抱きながら …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly