川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】まだ寒い春です 土に遠すぎて

投稿日:

もう、一年が経とうとしている。
まだ、故郷に遠い人たちがいる。

神戸の一年後を思い出しながら、東北の春を想ってる、念じてる

▼頑張っている人に頑張れと言うのではなく、声だけになりがちな僕たちは形を持たなければならない。
ほんの一石、されど、いつか岸に着くよう、いつか、岸に着くまで

▼春にするまで、出来るコト、出来るコト。

「川柳ふあうすと」2012年3月号 裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】神風の予報 祖国の生産者   ばた

砕け散るための魂を産み落としてしまった、そんな昭和の後悔。 今は、平成という時代にいて。 もう、そんなはずはないという、確かな自信がなんだか、少し揺らぎ始めていて、 海に、空に、祈るのは。 いつの時代 …

no image

【川柳】まだ今日があるネクタイの主義主張   ばた

諦めたら「もう」、諦めなければ「まだ」。 それを自分に言い聞かせるため、鏡の中のぼくは。準備完了、ネクタイに気合を入れて。 強い顔をして、エネルギーのまま動き始める、「よし!」の号令を待っている。 い …

寂しくて泣いたし、嬉しくて泣いたし ― 父の子で、母の子で。

康孝の孝 父の名と母の詩と こんな句を作って、blogに掲載したのは、父が亡くなって半年が経った去年の秋。 大会で選ばれたわけでも、誰かに認められたわけでもない。でも、今までに自分が2000句以上もの …

no image

【川柳】死にたいと言い秋刀魚など焼いている   ばた

秋がやってきましたなぁ、今年も、今年も。 ===   【掲載】死にたいと言い秋刀魚など焼いている     ふあうすと2007年10月号    全人抄(谷口 幹男選)

no image

【川柳】いつだって芝生が夢を聞いていた   ばた

サッカー日本代表中田英寿選手が引退を表明されました。 同じ学年の人間が第一線を退くというのは、少し寂しい感じもしますが、これからの人生を応援し、また、良い影響を与え続けてほしいと思います。 ブラジル戦 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly