川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】まだ寒い春です 土に遠すぎて

投稿日:

もう、一年が経とうとしている。
まだ、故郷に遠い人たちがいる。

神戸の一年後を思い出しながら、東北の春を想ってる、念じてる

▼頑張っている人に頑張れと言うのではなく、声だけになりがちな僕たちは形を持たなければならない。
ほんの一石、されど、いつか岸に着くよう、いつか、岸に着くまで

▼春にするまで、出来るコト、出来るコト。

「川柳ふあうすと」2012年3月号 裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】にんげんを急ぎはしないカタツムリ   ばた

ふあうすと2007年6月号、裏表紙広告。 ===  一年を折り返す6月。この時期、納品の多い印刷屋泣かせの雨が続きますが、束の間の「太陽」を見付けては、お客様のところへと急ぎます。梅雨、明ければ、猛暑 …

no image

【川柳】死亡率低下 さめざめ蜘蛛の糸   ばた

管に繋がれた命の増えて。かろうじて呼吸はしている、白い建物。 死亡率低下。 生きているばかりが、希望ではないことも。 許されはしない、その、蜘蛛の糸まで。 ===   【掲載】死亡率低下 さめざめ蜘蛛 …

no image

【川柳】金環を見上げ宇宙を生きている

 何十年や何百年に一度という星たちの奇跡に巡りあった。見上げる声は、誰も子どもの頃のそれで、宇宙の広さに一人一人はとても小さい。米粒にも満たない蒼を、星はどんな風に笑うのだろう▼科学にも計算の出来ない …

no image

【川柳】傘を振る信号待ちの4番打者   ばた

雨に降られるのは鬱陶しい。だが、雨に用心して、持って出た傘が役に立たなかった一日はもっと腹立たしい。 朝、出がけの判断ミス。 余分な荷物は、まるで傘以上の重さで腕に重く、恨めしい太陽は、必要以上に僕を …

no image

【川柳】鬼は外 鍋より円く温かな   ばた

鍋の形が円形であることには、きっと、 「効率」なんてもの以上に、何かを象徴する意味があるのだと信じてみたい、白い季節。 平和であれ、温かくあれ。 ===   【掲載】鬼は外 鍋より円く温かな      …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly