川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】まだ寒い春です 土に遠すぎて

投稿日:

もう、一年が経とうとしている。
まだ、故郷に遠い人たちがいる。

神戸の一年後を思い出しながら、東北の春を想ってる、念じてる

▼頑張っている人に頑張れと言うのではなく、声だけになりがちな僕たちは形を持たなければならない。
ほんの一石、されど、いつか岸に着くよう、いつか、岸に着くまで

▼春にするまで、出来るコト、出来るコト。

「川柳ふあうすと」2012年3月号 裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】秋の海 名前を呼んでいるひとり   ばた

 (引用― 裏表紙に載せた、自分のことばから)  これを書いているちょうど今、年鑑の制作業務が完了。皆さんのお手元に届く瞬間をイメージしつつ、これから印刷と製本作業へ▼自分自身も川柳を趣味とするように …

no image

【川柳】この線を越えさせぬ血は父だろう   ばた

いつも、僕の。正義と、優しさと、道徳と、決断の。 確かな線でいてくれて。 ありがとう、これまでの、どうも。 よろしく、これからも、どうぞ。 ===   【入選】この線を越えさせぬ血は父だろう      …

no image

【川柳】決意には太平洋が良く似合う   ばた

ひとりぼっちの日本海。あの頃や、あの場所を思い出しながら。 しんみり、しんみり。 ひとりきりの太平洋。この先や、この想いを抱きながら。 しっかり、しっかり。 海に生まれた人間は、海に還って。 波を連れ …

no image

【川柳】もう一度風に吹かれてみる四月   ばた

四月の風に、淋しいけど手を振る。 My dear。 でもきっと未来に。握手のような、確かなものを求めて。 ここからスタート、暖かな、長い道のりの。 ===   【掲載】もう一度風に吹かれてみる四月   …

no image

【川柳】ベビーカー僕もいつかは持ち上げる   ばた

出来ちゃった結婚だとか、なんだとか。 無責任な弱さを、勢いでどうにかするなんて。 ぼくは、わたしは。 生まれて、いいのですか。 望まれて、生まれるのですか。 今からそこへ参ります。 どうか、しっかりと …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly