川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】まだ寒い春です 土に遠すぎて

投稿日:

もう、一年が経とうとしている。
まだ、故郷に遠い人たちがいる。

神戸の一年後を思い出しながら、東北の春を想ってる、念じてる

▼頑張っている人に頑張れと言うのではなく、声だけになりがちな僕たちは形を持たなければならない。
ほんの一石、されど、いつか岸に着くよう、いつか、岸に着くまで

▼春にするまで、出来るコト、出来るコト。

「川柳ふあうすと」2012年3月号 裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】レトルトの愛が育てている時代   ばた

「宿題、終わったよー」「テストで100点、取ってきたよー」 「赤ちゃん、出来ちゃったよー」 そうだ、祝福の拍手をしなくては。 ===   【掲載】レトルトの愛が育てている時代     ふあうすと200 …

no image

【川柳】虫たちの音符を抜けていくページ

夏の太陽に焦がされた人も、虫たちの奏でる楽器に耳を澄ませる。 同じ星の上に生きて、どんな悲しいことがあっても、ちゃんと季節は巡っている。ほっとして、空を見上げる優しさは誰も同じ。凍て付く冬の寒さではな …

no image

【川柳】膝を曲げ今日のドラマを聞いてやる   ばた

一緒に笑って、怒って、泣いて。 おんなじようにしてくれたから、優しくなれました。その高さにいてくれたことが、いま、とても懐かしく、温かいのです。 どうもありがとう、きっと、こんな風だったのですね。 よ …

no image

【川柳】遺伝子を叩き直しているチャペル   ばた

魂を浄化させて。 今までの自分ではない、自分の中の流れを祈る。きっと虫のいい話なんでしょうが。 それだけの決意をもって、臨むもの。 きみと、ここからの、ぼくらの道は。 ===   【掲載】遺伝子を叩き …

no image

[川柳] 耳たぶに風 幸せの顔をして

 ほんの小さな、ささやかな喜びを憶えていられるほうが、その人生は幸せに違いない。日常のなかに重なるそれらを綴るのに、この川柳という手段があって、今年はどれだけの幸を17文字に閉じ込めることが出来ただろ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly