川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

モヤモヤを生きてる、モヤモヤの先を見たくて。

投稿日:

父との思い出の場所であり、生活の礎の場所がなくなっていく。
こんなに辛くて悲しいことはないけれども、仕方のないことでもある。
起きることは、すべて意味のあること。意味をもたせられるのも、また、人間だからこそ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

一応

らしい写真も。

頭のうえの海がある。

ポニョー。 海の青のような空だよ。秋っていいね。 親父シャツの白が、波打ち際に映えるさー。

25kmのジョギングを終えて、身体と心に起こる変化。

自宅(大蔵谷)から山陽電鉄高砂駅まで、25kmのジョギングに挑戦してきました。 走り終えて半日経つ今でも、激しい筋肉痛。座った状態から起きあがるのに苦労していますが、気分は爽快。 今までのジョギングの …

no image

忙しく見えても、暇に見えても

忙しい印象を与えてしまって先方にお気遣いをいただいても申し訳ないと思うし、そこまで暇だと思われているのかということに気付いて腹立たしくも思うし、自分がどんな風に見られているのかということは、なかなか、 …

no image

嘘の上に咲く花は、どんな色をするのでしょうか。

ついていい嘘、ついてはいけない嘘。 でも、重ねていくと、その境目も曖昧なものになります。結果、「つかなければ良かった」と後悔することもしばしば。 人を傷つける嘘って、最低だと思います。 ついていた自分 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly