川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

壊れたように泣いた、何故。

投稿日:

分かれ道があって、二択。

選んだ先に宝箱があれば、正解なのだろう。
けど、選ばなかった先の景色は、ずっと後ろ髪に結ばれてしまう。

恐れるよりも、
行き止まりなら行き止まりを知りに行こうとする勇気を認めたい。
そうありたい。

夏の虫が壊れたように鳴いていた。
自分の存在を知らせるように、自分の想いを届けるように。

すこし、肌寒い夜で、
まだ、仲間たちの競演には遠いらしい。

「ここにいるよ」と旗を振ることは、
場所もタイミングも大切で、
人も動物もみな、いつだって、とても難しいのだな、と考えさせられた。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

-戸建て購入- 新しい環境を求めて。

新しい環境を求めて、秋から戸建ての家を探してきました。 色々案内して貰った中で、一番最初に見たところにずっと心惹かれ…。えいやっ、と、11月の終わりに契約をしてきました。 経営者という属性ゆえに、住宅 …

そろばん姫路城。

有意義な休日であります。

愛犬じゅにあ、治療記(犬の悪性リンパ腫)3/16 夜

3/16(土)夜。 午後になってお腹のあたりから膿が出始める。夜の診察で洗浄してもらうと、それまでの元気のなさが嘘のように覚醒した。痛々しいまでの膿の量、治療の様子は壮絶だったが、表情に輝きが戻って安 …

本に囲まれて生きる日が先か、床が抜けてしまう日が先か ~穂村弘さんの「にょにょにょっ記」を購入

にょにょにょっ記を購入。穂村弘さんは歌人なのだけれど、自虐的なエッセーが面白くて大好き。最初に読んだのは絶叫委員会 (ちくま文庫)という本だった。 いい加減本の置き場所がなくなってきて、最近は電子書籍 …

no image

気ままに川柳生活。

川柳マガジン6月号届く。久々に2句/3選者抜けていた。 全国の書店に並ぶこの雑誌、自分の名前と句が活字になる感覚は、いつも新鮮で嬉しい。言い換えると、普段、自分たちの作っている「ふあうすと」誌だって、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly