川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

壊れたように泣いた、何故。

投稿日:

分かれ道があって、二択。

選んだ先に宝箱があれば、正解なのだろう。
けど、選ばなかった先の景色は、ずっと後ろ髪に結ばれてしまう。

恐れるよりも、
行き止まりなら行き止まりを知りに行こうとする勇気を認めたい。
そうありたい。

夏の虫が壊れたように鳴いていた。
自分の存在を知らせるように、自分の想いを届けるように。

すこし、肌寒い夜で、
まだ、仲間たちの競演には遠いらしい。

「ここにいるよ」と旗を振ることは、
場所もタイミングも大切で、
人も動物もみな、いつだって、とても難しいのだな、と考えさせられた。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

来年を満たすための大掃除。

午前中・・・では終わらず、結局夕方まで大掃除。 捨てることに徹底して、事務所も少しスッキリしました。来年は、空いたスペースに新しい出会いの痕跡を残していけるよう、より一層頑張りたいものです。 仕事納め …

牛に襲われ中。

大接近。迫力あるぅ~

青田に揺れて。

神出での打ち合わせ終了。 家族の優しさに満ちた、素敵な句集作りをお手伝いします。早く完成させて、喜び顔の輪の中に入りたいですねー。

no image

うちより安い会社はありますよ、の、あと。

「その時間帯」「その場所」でなければ出来ないことがある。 家と会社、ノートパソコンの行ったり来たり。どちらでも完全に同じ環境が再現されて、様々な思考の整理に役立っている。 結果、前にも増して寝不足にな …

no image

犬たちの存在が僕の温度になっている ~好きを伝える、生かされているということ

言葉は便利だ。 「優柔不断」というネガティブな言葉は「慎重」というポジティブな表現に置き換えることができるし、「曖昧」という言葉は「臨機応変」という言葉に言い換えることができる。表現力は表裏一体。理論 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly