川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

壊れたように泣いた、何故。

投稿日:

分かれ道があって、二択。

選んだ先に宝箱があれば、正解なのだろう。
けど、選ばなかった先の景色は、ずっと後ろ髪に結ばれてしまう。

恐れるよりも、
行き止まりなら行き止まりを知りに行こうとする勇気を認めたい。
そうありたい。

夏の虫が壊れたように鳴いていた。
自分の存在を知らせるように、自分の想いを届けるように。

すこし、肌寒い夜で、
まだ、仲間たちの競演には遠いらしい。

「ここにいるよ」と旗を振ることは、
場所もタイミングも大切で、
人も動物もみな、いつだって、とても難しいのだな、と考えさせられた。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

スタジオ入りです。

今日はレコーディング。何でも屋さんです。

no image

事務所の移転を伝えるとき、変化を決めるとき。

幼かった二人のお子さんのダンスがどんどん上達していくのを、僕たちは毎年その発表会に足を運んで確かめた。つまり、いまの事務所の大家さん家族とは色々なお付き合いがあったわけで、移転することを正式に伝えるの …

イチローが愛した海老カレー丼。

@明石・あずまや

ライブ演奏っていうのは生き物なんだなーということを知った、楽しかった!

同友会の前支部長の慰労会でバンド演奏をさせていただいた。 アーティストの人たちがよく言う「ライブは生き物だ」という話の意味がはじめて理解できた気がする。スタジオで練習をするし、本番前に同じ場所でリハー …

no image

神戸のコピーライターの悩ましい過去。

コピーライターをしていますと自己紹介。         たくさんモノを知っていそうですね。   入試で、「核家族」しか書けず、社会が2点だったのは秘密。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly